a Piece of Cake お菓子 テリー 焼菓子工房SASSER LIFE MAGAZINE NEWS Tool 料理

November 30, 2006

師走

多くの人が思ったでしょうか…明日から12月です。
今年も残り1ヶ月となって、怖いような嬉しいような、ますます気ぜわしくなりました。
ココまで来ると開き直りに近くなり、どーにでもなれって感じです。

今夜は、飯倉のアメリカンクラブで友達と久しぶりにご飯でした。メンバーのお友達が居るから行かれる、一般的にはフラリとは行かれない場所でもあります。
日本に居ながら、旅行気分というか、外国にいるような不思議な場所、アメリカンクラブは、私が幼い頃住んでいたグランドハイツにも似ています。

建物全体を覆うように輝くイルミネーションや大きなクリスマスツリー、至る所に施されたクリスマスの装飾は、大人だって目を奪われます。

食事も美味しく、ワインも程よく心地よくなって、アメリカンクラブを出ると、目の前には、ドーンとライトアップされた東京タワー。
いつもこの瞬間が大好き!です。
来るたびに私が写真を撮るので、いつもはあきれる友人も今日はつられてパチリ。
「2016」のサインは東京オリンピック誘致を盛り上げるためだとか。

自宅のマンションに入るとすぐに目に入ったのは、エントラスの飾り。
クリスマスリースに模様替えしたんだ…。
季節ごとに変わるこのコーナーは大家さんの楽しみなんだろうな…と少しほろ酔いだったので、なんだか「お帰り」って迎えてもらったようで嬉しかったから、またついパチリ。
             珍しくフラッシュを使った写真です。
1130p.jpg

投稿者Okawa: 22:55 | コメント(1) | トラックバック(0)

November 28, 2006

体重計

雑誌の取材の依頼で近いうちに身体チェックを行うことに。
何でもとても有名な先生からご指導を受けられるそうな。

この話は今度するとして今日の本題。
その取材に伴って、調子の悪かった体重計を新しくしました。
私は日課のごとく、こっそりバスルームに入っては、毎日たいして変化のない体脂肪と体重のチェック(1日約2回)は怠っていませんでした。夫と長男も同じく日課。でも、それぞれ心の内では「えー!?体脂肪が増えちゃった〜」と、このところ嘆いていたらしい。

週末、とうとう電池を交換しても動かなくなったので、早速アマゾンで購入することに。
ピンからキリまであるらしいけど、特別な機能なんか付いていたら、必要以上に気になって仕方ない。
体重、体脂肪と内脂肪が計れるこれまでので十分。
買い換えたのは、デザインがマイナーチェンジされただけの、これまでのと同じ体重計にしました。

家族のデーターを入力して、長男が早速チェック。(次男はまだ小さいので、入力から除外)
「あー、やっぱり前のは壊れてたんだね。やっぱ体脂肪12.8%だもの、実はヤバイと思ってたんだ」
「!!」じゃぁ、私の体脂肪も、ひょっとして下がるのか!?
「私も多いなぁって思ってたんだ」
「………。」

どうやら、ある数字のラインのみ調子が悪かったらしい。
まぁ、これも現実。引き続き健康維持に努めます!

061128p.jpg

投稿者Okawa: 09:56 | コメント(1) | トラックバック(0)

November 27, 2006

アップルパイの季節

人気メニューのアップルパイはまさに今がシーズンです。
週末限定1日1ホールと、ちょっとわがままさせて頂いています。

オーブンに入れて約1時間、朝一番に焼き上げるアップルパイは、シナモンの香りと、パイに閉じ込められたりんごの甘〜い香り。
その香りにつられて入ってくるお客様もいらっしゃいます。
熱々のパイの上にはアイスクリームとピーカンナッツ。
サクサクのパイの部分とりんごのフィリングとアイスクリームを絡めて、三味一体でお口の中にどうぞ。
061127_3p.jpg

それでは、見た目良く、パリッと、照り良く、焼き上げるコツ、お教えします。
照り用に用意する卵は卵黄のみ。そこに少し生クリームを加えることでーす。
たったこれだけだけど、焼きっぷりはバッチリ!
もちろん、フィリングの上にパイ生地をかぶせるときのノリ用にもこちらを使います。

生クリームが無かったら、コーヒークリーム等で代用可です。
注意することは、塗るのはあくまで表面だけ。
周りに垂れてしまうと、ノリの役目をしてパイ生地が上がらないので気をつけてね。

投稿者Okawa: 10:46 | コメント(1) | トラックバック(0)

November 26, 2006

デポー39ものがたり

11月22日発売「デポー39ものがたり」天沼寿子著(主婦の友社)
インタビューp118であの頃のお話しをしました。

2005年4月30日、デポー39は閉店しました。
 私がアルバイトをしていた1983年頃のデポー39は、ものすご〜くの〜んびりした雰囲気で、日向ぼっこしたり、スニーカーを洗ったり、キッチンにいる私は、試作と称してお菓子や料理を独自開発の日々。と、いえば聞こえも良いのですが、ほとんどがお遊びです。

その翌年、天沼さんの登場です。
スタッフをクビにしたり、お小言を振りまく日々、「商い」「売りあげ」一筋に店は転じ、ピシッと引き締まったお店は、その後どんどん骨太になり、日本で1番最初に「カントリーアンティーク」を広めるお店になりました。

天沼さんの激動の20年間、人とデポー39を大切にしてきた想いが詰まっています。

投稿者Okawa: 08:38 | コメント(2) | トラックバック(0)

November 25, 2006

夜の新宿

取材の下見のために夜の新宿へ出かけました。
若い頃はぜーんぜん平気だった新宿は何となく気が重い〜。
普段、裏青山中心的生活をしている私にとって人混みは大の苦手。
案の定、不夜城のごとく人でごった返す中、巧みに差し出すフリーペーパーも振り切り、携帯を必死と握り締め、待ち合わせの場所へ向かいました。

行く先はアルタの裏の「アカシア」さん。

でも、人間ウオッチングもちょっと面白い。
年頃の息子を持つ身としては、通りすがら見に飛び込む、若いお嬢さんやお兄さん、新宿に集まる人々のファッションや雰囲気が気になって仕方ない。
何でこんな寒い日にそんな短いスカートはいてんの?
この街の若い娘はみんな金髪だぁ〜。
かなり目立っていた、二人お揃いのミニスカートと横縞のニーソックスも気になったし、バーニーズ前の薄暗い広場のテーブルで、ハードなファッションで決めていたお兄さんたちの会話が聞こえちゃった。
「ねぇ、50メートルやんねぇー?」「なっ!やろーぜ」って、
これから走るのかな…。

待ち合わせの時間が近づき、編集者のKさんに電話を入れたら、「アルタの前で待ってください。今すぐ向かいまーす」「ジョーダンではありません。そんなところでジッとしているのは無理ですから、お店に先に行ってまーす」

ドアーを開け「アカシア」さんは独特の雰囲気の洋食屋さんでした。
40年近くココに存在し、年季の入った店内もかなりレトロでバーカウンターもある。
編集者のKさんも無事に到着し、パイとロールキャベツの定食、他にはポテトサラダとカキフライを注文した。味も盛りつけも時間が止まったかのように懐かしいお料理だった。
名物のロールキャベツはスパイスの利いたお肉をとろ〜りキャベツが包み、オリジナルのソースと一緒に箸で頂く。昭和の臭いがぷんぷんしていた。私の母のとは違ってお店の味だった。

グラスの赤ワインを頼むと、ワインを継ぎに来るお店の人はとてもフレンドリーだった。2杯目を頼んだら、またどこからかやって来て「今度は違うのをどうぞ。普段は650円だけど、500円に負けとくね。美味しいならいいいの」とサービスまでしていただいた。

60代後半位のおじさま方5名様が入ってきて賑やかになり、一気に店は40年前にトリップしたかのような雰囲気に引っ張られた。
私たちは完食しお店を出ると、またしてもそこは先ほどと変わらない新宿の街。

お土産のロールキャベツを買って、タクシーに滑り込み家族の元に帰りました。

投稿者Okawa: 06:52 | コメント(4) | トラックバック(0)

November 21, 2006

ちょっと便利なホイッパー

新しいホイッパーをフランスで買いました。
何本も持っているけど、出会ったら買わずに帰れません。
フランスの薄暗い道具屋さんの中はワクワクします。
何せお菓子の本場ですから、欲しいものだけが大集合です。
 
このブランドは見た事ないなぁ…、グリップにポツポツが付いて使いやすそうだな。大きさもちょうどいいし。中と小がちょうど1本ずづここにあるのも、何かの縁…。
ホイッパーが連れて帰ってー、って言ってるみたいだし…。

という訳で、久しぶりに新調したホイッパー。

使ってみたら、アラ便利!!
だって、立つんです。だいぶ不安定だけどね。
でも、ちょっと置くのならこれで十分。
有りそうで無かったデザインだなぁ〜と感心したのでした。
道具は使ってみると自分流の発見があって、面白いです。

061121.jpg

投稿者Okawa: 08:21 | コメント(5) | トラックバック(0)

November 20, 2006

ハンドクリーム

この仕事に欠かせないのは、ハンドクリームとゴム手袋。
幸いに、私はほとんど手荒れとは無縁でありまして、とても頑丈な手の持ち主です。ですから、洗い物もグローブ無し。
でも、さすがにクリーム無しではカサカサしてきます。
仕事の合間や終わった時に手に擦り込むクリームは必需品ですから、
こだわりを持って選んでるんです。

この秋冬の1本目は、ロクシタンのアルミチューブ入りのハンドクリームです。
シアバターというのが入っていて保湿成分があるとのこと。
ハンドクリームを付けた途端に洗い物、なんて事が日常茶飯のこの仕事、1シーズンに5本も使うことも。
仕事が終わった後は、スタッフ全員が手にスリスリして、「お疲れさま〜」のご挨拶。
フランスらしく香りがしっかりあるところが、気に入ってるところかな。
お菓子を扱う仕事ですけど…。

061120p.jpg

投稿者Okawa: 13:55 | コメント(2) | トラックバック(0)

リアルシンプル

11月20日発売「リアルシンプル1月号」(日経BP社)
「大切な人に贈りたいクリスマスギフト」

創刊号から連載中の「フェイクでおいしい!」で
          「UDONグラタン(p148)」を紹介しました。

なんと、1月号から2ページに!写真が大きくなって、材料がグッと見やすくなりました。誰でも知ってるお料理をフェイク(代用)して、もっと簡単にお料理しましょう!というコーナーです。

グラタンといえばマカロニ。UDONを使ってフェイクです。
フェイクだからって、侮るべからず、美味しいんです。
パンプキンスープの他に、グリーンピースのスープも美味しかったよ。

投稿者Okawa: 11:23 | コメント(0) | トラックバック(0)

November 16, 2006

3分クッキング

11月16日発売「3分クッキング12月号」
(日本テレビ放送網株式会社)
「量りなしで作れます!
      ロマンチック♥クリスマスケーキ(p32)」

長嶺輝明さんの写真と堀江直子さんのスタイリングで、大人可愛いページになりました。
計量カップで作れるレシピだから、きっちり量って作ろう、なんて思わないで。構えず、お気楽に作ってみてください。
難易度の表示があるけど、大丈夫!どれも作ってみれば楽しくなるはずだから。

「魔女の棲む森のブラックケーキ」はクリスマスケーキとしてカフェでも販売する予定です。
お楽しみに!

投稿者Okawa: 09:41 | コメント(3) | トラックバック(0)

デリス

Vol2「デリス・saita cook」(セブン&アイ出版)
「冬のわが家で作るもの」

「街に自然派スイーツが増えてきました(p82)」で川岡大次郎さんとお菓子の試食をしました。
ゴボーショコラ、絹たまごというシフォンケーキ、トライフル、京やきぐり、とア・ピース・ オブ ・ケークのお菓子など。

特別付録はパンの作り方、美味しそうな鍋料理やお菓子の情報がぎっしり詰まった食マガジン。
寿司好きとしては「週末外ごはんはぜったい回転寿司(p71)」が気になりました。
久しぶりに、沼津に行ってみようかな〜。

投稿者Okawa: 09:40 | コメント(2) | トラックバック(0)

November 14, 2006

クロワッサン

11月10日発売「クロワッサン697号」(マガジンハウス)
「やってみたら、意外に簡単です。自分でできる、デジタル生活。」

「誰も頼らず、使いこなそうipod。」というページで、マックのインストラクターの方に使い方を教わりました。
ipodが得意な長男さえも知らない、裏技だって教わりました。
でも、まだまだ分からないことだらけですが。

投稿者Okawa: 16:18 | コメント(1) | トラックバック(0)

November 13, 2006

夕焼けこやけ♪

今日の教室は夜のクラスもあるので、久しぶりにサッセで長い時間を過ごした。
朝は、澄み切った青空が広がり遠くに見える富士山を拝み、(手を合わせたくなるのはなぜ?)
夕方は真っ赤とはいかないけれど、なかなかドラマチックな夕焼けとそしてシルエットの富士山が美しかった。
1日中姿を現していたので、こんな日は少し得した気分でいられるのも不思議。テラスから富士山が見えると冬の到来を実感します。

061113p.jpg

と、そこへ、夕〜焼け、こやけで日が暮れて〜♪♪と港区が流している、おうちへ帰りましょうの合図。
カフェにいる時は、ほとんど聞こえないのですが、サッセは11階にあるので響き渡るこのメロディー、久しぶりに聞いたということもあり、つられてつい口ずさんでしまった。

冬は5時でも暗くなるから子供たちは帰った方が良いだろうけど、夏の明るいときも5時きっかりになると流すので、
初めて聞いた頃は、まだ遊びたいだろうに、と思っていました。
だけど、港区としては5時の合図ということだったのね。
私がココへ引っ越してから12年間変わらず同じ曲。
いつか、変わったりすることがあるのだろうか…。
でも、遊んでいた興奮をクールダウンさせて家に帰るなんて、この曲以外は説得力がなさそうだ。

ところで、他の場所では何の曲なのかな…。

投稿者Okawa: 18:34 | コメント(7) | トラックバック(0)

November 11, 2006

バースデークッキー

今月お誕生日を迎える皆さんおめでとうございます!
何年か前、自分がいくつになったのか分からなくなった事があって、困った事がありました。
最近は四捨五入して答えてるから、細かい事は気にしない事にしたんです。子どもの年くらいはちゃんと覚えてるから、まぁいいか。

サッセは、その月にお誕生日を迎える生徒さんに、アイシングで名前を描いたクッキーを
プレゼントしています。
今月は紅葉でしょ、と、赤や黄色、だいだい色のアイシングを作ってみたものの、紅葉とはほど遠くなってしまいました。
アイシングの色出しはかなり難しいです。
「ポップで可愛い〜!」って喜んでいただいて、これは紅葉のイメージで…とは言えなかった。
でも、アイシングで模様を描いたりするのは結構得意です。
11月生まれは多いから楽しかったです。
心を込めて描きましたよ!
HAPPY BIRTHDAY ! TO YOU !
20061111.jpg

投稿者Okawa: 19:43 | コメント(3) | トラックバック(0)

November 8, 2006

工事中につきご迷惑をおかけします

青山はこのところあちこちで、解体と建築のラッシュです。
私のカフェのすぐ目の前はしかも3カ所で、巨大なショベルカーが連日うなり声をあげている。
お知らせは頂いたもののいつ始まるのだろうなんて、のんびりしていたら計画は着々と
進行していたらしく、現場にふさわしい格好の職人さん達や解体の業者、
スーツ姿の現場監督の皆さんが大勢出入りをはじめてから、
日曜日は唯一工事がお休みだけど、2ヶ月が経ちました。

隣にあったイデーはすでに更地となり、今は基礎の解体をしているらしく
地鳴りと砂利を投げ込む音で、時々地震と間違うほど。
向かいのマルニがあった建物は今が解体のピークです。
ここも、ものすごいショベルカーが居座っています。
そして、その隣の建物は、リノベーションとの説明だったけど、
かなり派手に壊したり造り足したりしています。

テラスでお茶を飲むのにはとても気持ちの良いこの時期に、工事が3カ所もあって、
お客様に申し訳な気持ちです。
現場監督さんに代わって、ご迷惑をおかけしますが、
いつかは必ず終わりが来ますので、お許しくださいね。

でも、壊したら建てるんでしたね〜、騒音との戦いはあと3ヶ月くらいかなぁ…。

投稿者Okawa: 19:07 | コメント(0) | トラックバック(0)

November 3, 2006

ガスあり?ガスなし?

海外でお水を頼むと必ず聞かれるでしょ?
「ガス?、なし?」って。
私は食事の時はガス入りで、日常用にはガスなしってだいたい決めてます。
日本は水道水が飲めるから、お水を買うよりはお茶やジュースを持ち歩いて
いる人を多く見かけます。
日本のカフェやレストランはお水サービスが基本。
カフェでも「お冷やくださ〜い」ってよく言われます。

この素敵な水筒型のボトルは、ちょっとおかしくって可愛いでしょ。
コップ付きなんておしゃれだなぁ、と思いました。

しばらくは、ミネラルウォーターが気になりそうです。
1日2Lは無理だけど、美味しいお水が飲みたいな。

20061103.jpg

投稿者Okawa: 15:43 | コメント(2) | トラックバック(0)