a Piece of Cake お菓子 テリー 焼菓子工房SASSER LIFE MAGAZINE NEWS Tool 料理

December 31, 2006

アメリカンファミリー

今日はお出かけ。時差ぼけの次男が一緒だから早朝の電車も大丈夫、毎日AM2時ぴったりお目覚めだからです。何とか5時までは我慢してもらうが、おかげで私たちは寝不足気味。今朝の気温は3℃くらい、通りは24時間ライトアップされいてるので寒さより目を奪われる景色が続きます。
061230_2P.jpg

行く先は、グランドセントラルから1時間とちょっと電車に乗り、海沿いの地域にあるコネチカット州のWEST PORTまでちょっと小旅行。

夫婦と10歳の男の子1人、シーザーという名前があるのにドギー(ワン公)と呼ばれる2歳のビーグル犬、年齢と名前はシークレットにしているという謎のペルシャ風の猫、ハムスター、野ねずみ2匹が家族構成の友達の家を訪ねました。

軽井沢や韮崎の別荘地のような街並みで、すっごくキュート。ウサギやキツネも顔を見せてくれた。
コロニアルスタイルの家はどの窓やドアに飾りがしてあり、クリスマスタウンはまるで映画のようだった。高い建物やコンクリートの建物はなく全て木造の2階建て。ニューヨークからたった1時間しか離れていないのに、こんなにオリジナルな街作りができるんですね。
ついでに不動産屋さんも覗いてみたのだけど、あっ、この家可愛い!と思うとだいたい$3.000.000くらい…。といってもこの先の行動はありませんのであしからず。

アメリカンファミリーはとにかく家族総出で私たちを歓迎してくださり、ランチはホットドックとおしゃべり。ディナーは、「待ってました!ダディさん!」主のロバートさんがパティオに出てBBQピットでステーキを焼きサーヴをしてくれました。まさに、これぞアメリカンです。思い描いていた通りとなったのです。他の料理は上手にインスタントも使いこなし、キッチンに立ちっぱなしにならないところも、さすが合理的です。メインダイニングはかなりゴージャスでしたが、サンクスギビングの時はもっとすごいのだとか。
陽気で明るいHARD家の皆さんと楽しく過ごしました、晦日です。

061230_1P.jpg

こちらは30日、まだまだ眠れないサタデーナイトです。
日本はまもなく新年ですね。皆さん良いお年をお迎えくださいね!

投稿者Okawa: 13:39 | コメント(0) | トラックバック(0)

December 30, 2006

ニューヨークより

無事に8年ぶりのニューヨークに到着しました。
時差はマイナス14時間。ただ今の時間12月29日PM11:36
偶然に今回のホテルは10年前に泊まったことのあるホテルのすぐそばで、少し土地勘のあるミッドタウンの57丁目。
PM3時のチェックインまでの約5時間を外で過ごさなくてならない。といっても、困ることはないのです。
ジェットラグはあるものの、ポンと放り出されても飽きることがないのがニューヨーク。
寒さは東京よりちょっとだけCOLD。だけどそれも大丈夫。
すっかり変わったこの辺を時差ぼけの次男を担いで歩いてみると、これから始まるニューヨークへの期待感はグッと大きくなった。

朝食のために入ったカフェは、朝から並ぶくらい超人気のオーガニックカフェLe Pain
グラノラ、フルーツ、ヨーグルトとヘルシーにしておき、
2日目の朝は、Brooklyn Dinerで、頑丈そうな食器、全てがアメリカンサイズの、バターミルクパンケーキやフレンチトースト、エッグベネディクトを。

長男は髪をカットする予定なので、ヘアサロンをチェック。
$34…東京より安い。ただ、どんなカットになるかは彼の英語力次第と、心配をしたけどまずまずの出来上がり。

ニューヨークに来ると必ず買うのはその年のZAGATと地図と。
前に行ったレストランがまだ上位にランクされているととても嬉しいし、新しいレストランを見つける楽しみもある。
それと、大切なのは水と食料。
外国の乳製品のパッケージはなんて可愛いんでしょ!
061229P.jpg

交わす挨拶は誰でも「HAPPY NEW YEAR!」
まだクリスマスのイルミネーションやツリーやリースがそのまま残り、今が1番輝かしい季節。
TVのニュースはアポロシアターで行われている、ジェームスブラウンとのお別れの様子。
それと、広い国ならではだろうか繰り返し天気予報。東部の天気、元旦はどうやら雨が降るらしい。カウントダウンはどうなるのだろう…。
たとえ冷たい雨になっても、きっと心に残る旅になるからそれも受け入れましょう。

予約が無いとなかなか入れないレストランも、私たちはとても、とても早い時間にディナーに行くので、並ぶことはなくかなりゆっくりと食事ができます。
初日の夜はホテルのすぐ近くの、超人気のピザハウスANGELO'S PIZZAへ。
ここでも行列。この街の人は、本当に良く並ぶ。
2日目のディナーは、ザガットでいつも1位になるGramercy Tavern。いつもと同じコースでカキと白ワインから始め、メイン、そして美味しいデザートまで。レストランに活気があっていつ来ても元気になれる、一番好きなレストラン。
ミュージカル、スケート、美術館、博物館、料理の美味しいお店、行きたいところだらけの盛りだくさんのニューヨークの2日目が終わろうとしています。
明日は、コネチカット州の友達のところまで行ってきます。

投稿者Okawa: 12:50 | コメント(3) | トラックバック(0)

December 27, 2006

今年もお世話になりました。

今日で仕事納めです。
ラストを迎えるにはかなりインパクトのある天候で、昨日の嵐から一変、今日は生温い強い風が吹き荒れる変なお天気でした。
そして、先ほど今年最後のカフェを閉店しました。
今日1日、というように毎日の積み重ねで365日。ほとんど毎日同じ仕事を繰り返しているような。
年が明けても何も変わる事なく始まるのでしょう。
それは、とても幸せな事です。

家族揃って明日から5日まで、8年ぶりにニューヨークに行ってきます。そして翌日からカフェをオープンするので、何があっても帰ってこなければ。
いつもこうしてぎりぎりのスケジュールで、余裕もなくバタバタとするのが我が家流。
あ〜でも、まだスーツケースの口はパックリ開けたまま。
寒いNYに行くので荷物はとても多い、しかも4人分。
いくら男の子とはいえ、自分の荷物くらい作ってほしいものです。
次男は「できた!」って言うけど、
「サンタにもらった縦笛とか沢山のぬいぐるみを持って行くの止めようね。」ってこれから説得しなければ。
それより「あなた達、宿題は?」です。
という訳で、今晩は荷造りで徹夜になるのかなぁ〜。
こんな人は他にもいるでしょうね。ウチだけじゃないよね。

今年も大変お世話になりました。
2007年も どうぞよろしくお願いします。
来る年も皆様方にとってご多幸の年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。

カフェの営業は6日(土)からです。
教室は20日(土)です。お間違えのないようにね。

こちらのお正月飾りは、大家さんのお仕事。
クリスマスが終わった昨日、早速お正月飾りになっていて、さすが!て思ったんだけど、
今日、帰ってきたら別の飾りに変わっていた。気が変わったのでしょうか…。
061227.jpg

投稿者Okawa: 23:46 | コメント(3) | トラックバック(0)

December 25, 2006

プレゼント

年の瀬はお歳暮やクリスマスプレゼントが行ったり来たり。
四方八方にご無沙汰をして不義理をしているにもかかわらず、気にかけて頂いていると思うと、嬉しいことこの上ありません。

毎年同じお品が届くのも嬉しいです。
以前住んでいた家のそばのお寿司屋さんからはお海苔とお年玉。辞めてずいぶんたつスタッフのお母様からはハムのセットと別便でお年玉。お世話になった出版社からは宝寿茶。デザイナーのカズさんからはショコラティーエリカのチョコレート。酒屋さんを営む友人からは、焼酎とボジョレーワイン。知り合いのお店からはその年の一番摘みのオリーブオイルとバルサミコビネガー。生徒さんからは、お庭に実るたくさんの柚。冬至のゆず湯は毎年こちちらのを。
12月は買い物もままならない私にとって、定番の贈り物で我が家の食卓がいつも以上に豊かになります。

思いがけないプレゼントもいただきました。
小さな女の子から手作りのクリスマスカード。元生徒さんからとっても素敵な手作りクリスマスリース。スタッフのツルちゃんからレース編み。友人のお料理お菓子好きな2人からは、ベルアメールのチョコレートセット。近くのお友達から、珍しいお菓子を見つけたからと九重本舗玉澤の晒よし飴。FOBCOOPのみつ枝さんから、クリーム色のポインセチアと黒いクリスマスツリーとオーナンメント。
スタッフだったカナちゃんからからは深川伊勢屋のおにぎりの差し入れとお年玉。名古屋から通ってくださるお客様にアップルパイをサービスしたら、築地で買って来たというちりめんじゃこを頂いた。物々交換に近いかな…。他には、大掃除で出てくるんでしょうね、賞味期限の迫る食品「あなたなら使いこなせるわよ」と。もちろん喜んで。賞味期限を気にする家族ではないので。だいぶユニークなプレゼントはお守りに入った年末ジャンボ宝くじと有馬記念の馬券。9レースのディープインパクト単勝馬券。
・・・それと、夫から花束。サプライズです。
061225_1p.jpg

家族全員にサンタクロースからのプレゼントも届けられ、ご機嫌な子供たち。
今夜は友達家族とスタッフとクリスマスパーティー。
本当に今年もあと僅か。今年はカフェを少し早めにクローズします。まだまだ、やらねばならないことだらけ。仕事して飲んで食べてを繰り返し、それでも元気でいられるのも不思議なくらいハードな毎日です。でも、あと少し頑張れば…NYC!!

投稿者Okawa: 08:00 | コメント(0) | トラックバック(0)

December 24, 2006

サンタクロース

今日は、12月23日だからEVE・EVE。…今は言わなかったっけ?
さすがにア・ピース・オブ・ケークも今年最後の締めにかかり、このところはとても忙しいです。
ここらで忙しくないというのも、ちょっと問題だけど…。

今日はお昼もそこそこで頑張って働いてくれたスタッフと、軽くお疲れ様をしました。(PM9:30すぎ、夜ピザは若いスタッフには大丈夫だけど、私は1ピースだけにしておいた)

この時期はお約束通りに、デリバリーのピザ屋さんはサンタクロースの格好で、お届けです。
配達後もサンタさんはすぐさまバイクに乗って帰って行きました。
それはそれは大忙しの様子です。
061223.jpg
サンタクロースのデリバリーは他にもあります。
自然食の宅配の「らでぃしゅぼーや」も今年もサンタクロースになって配達に来てくれました。
駒沢通りを台車を押して大忙しの、まるであわてん坊のサンタそっくり。

いよいよ明日の晩、本物のサンタクロースが我が家にやってくる!
はずです。

投稿者Okawa: 00:04 | コメント(0) | トラックバック(0)

December 22, 2006

キルム

やっぱり買っちゃった!
ほんとは、冬のカーテンやお布団を買うはずだったけど、
DEES HALLのキルム展に足を向けてしまったら最後です。
最初は、出して頂いたお茶と小鯛焼きを頂きながらおとなしく眺めるだけでした。
次回の3年後にはきっと…なんて。
でも、この赤いパッチワークのオールドキルムが目に入った瞬間、
「部屋が明るくなって、元気をくれそう!」と、ひと目で気に入ってしまったのです。

典美さんは、本来なら「ぜひ、あなたのお部屋に」と進める立場です。
ところが、我が家の大まかな事情を把握しているので、「今回のすっごくいいから見においで」としか。
私も、展覧会の最終日に近いし、教室の合間のわずかな時間に行ったので、今回は決められないかも…と諦めていたくらいです。

でも言ってしまった。
「コレ頂きます!」
心配そうな典美さんをよそに、なんの事情も知らないメメットさんが「このクッションも置くといいよ」って薦めてくれて、思いがけず2点も買ってしまったけど、めでたく素敵な年を迎えられそうです。
アンティークになるまで、大切に使います!

キルムについての詳しいことはDEES HALLのHPを見てください。

061222_2p.jpg

投稿者Okawa: 10:13 | コメント(2) | トラックバック(0)

リアルシンプル

12月20日発売「リアルシンプル2月号」(日経BP社)
年末年始はおでかけの季節「家をしっかり守る」
連載「フェイクでおいしい!」で
          「ベリーコブラー P.140」を紹介しました。

コブラーは市販、又はお手製のパンケーキミックスやホットケーキミックスに、卵や牛乳をスプーンでゆ〜くり落ちる程度になるように加えて生地を作り、フィリングの上に落とします。フレッシュベリーの他に黄桃やアプリコット、ダークチェリーなどの缶詰めも上手に使ってみてね。

フェイクメニューは急な来客の時に思い出してほしいのです。
きっと役に立つはず。
今月のSASSERはフェイクをさらにフェイクしてみました。

061222_1p.jpg

投稿者Okawa: 09:07 | コメント(2) | トラックバック(0)

December 19, 2006

今年最後のレッスン

12月の教室も無事に終わりました〜。
リアルシンプルの「フェイクでおいしい」から選んだメニューも、皆さんには好評で良かったです。
毎年のことですが、今月は午前のクラスから乾杯のワインで1日中ほんわり過ごしていました。

ジンジャークッキーのハウスやツリーも頑張りました。
壊さず持って帰れたかしら。
どこに飾ったのでしょうか。
去年のも一緒に飾ってあるのかな。
持ち帰ったクッキー生地でも創ったのかな。

クリスマスまで食べてはダメですよ。

皆さんの作品は、間もなくSASSERのレッスンにUPしますね。
お楽しみに!
061219.jpg

さぁ、ホッとばかりもしていられません。
次はカフェのクリスマスケーキのお知らせや仕込みが待ってるのでした。
今年は、何かと遅くなってしまった…。
まだまだ頑張らねば!

投稿者Okawa: 11:10 | コメント(7) | トラックバック(0)

December 12, 2006

じんわりオイルヒーター

予報通りに雨が降って寒い一日でした。
サッセのベランダから眺めていると、次第に雨は止みそうな気配。
遠くの方がうっすらと明るく、雲が切れているのが見えました。

今日は雑誌の取材が4時からあったので、お約束の少し前にデロンギのオイルヒーターで部屋を暖めました。
サッセはオーブンの熱が暖房の代わりもします。実は私、それほどの寒がりではないのです。
だからオイルヒーターのゆっくりじっくり暖かい感じが好きです。

061212_1.jpg

今日のお茶セットは、ラッセルライトのアメリカンモダンシリーズにしてみました。
クッキーを用意してナプキンを選び、後は取材の人たちをお迎えするばかりです。
でも、こうして写真を撮ったりぼんやり外を眺めていたり、椅子に座ってできるエクササイズもやったりしていたこの時まで、
取材に来る人たちが8名でしかも全員が男性とは知らなかった…。
という、女性は私だけという珍しい空気の中での取材撮影でした。

オイルヒーターについては12月10日に発売されたクロワッサン698号(p128)にも登場していますので、機会があったら見てくださいね。

投稿者Okawa: 22:38 | コメント(1) | トラックバック(0)

December 11, 2006

ダークフルーツケーキ

ア・ピース・オブ・ケークの定番ダークフルーツケーキは、このシーズンに限り小さなサイズがお店に並びます。
毎度の口上ですが、ブランデーをたっぷり吸い込んだフルーツミンスは自家製です。
1年じっくり寝かせて真っ黒になるまで熟成したミンスはドライフルーツやナッツがたくさん入っています。
得意の真っ黒な糖蜜のモラセス、しっとりとさせ香りをアップさせるアーモンド粉やブランデーの入ったバター生地に焼き込みます。
焼き上がったケーキにブランデーを染みこませ、またココで寝かせます。
寝てばかりのケーキですが、この「時間」が美味しくなる秘訣です。
ドレスアップしたダークフルーツケーキをクリスマスパーティーやお年賀にいかがでしょうか。
今年のラッピングはちょっと大人っぽくゴールドをあしらいました。
061211.jpg

投稿者Okawa: 13:45 | コメント(2) | トラックバック(0)

December 7, 2006

サンタさんへの手紙

7歳の次男が待ちに待っているクリスマスまであと17日。
行事好きの次男は、彼による独自の創作力と自力でクリスマスツリーを飾り付け、家の中の各所にも飾りを施し、気分を盛り上げその日を待っています。
張り出させれた、サンタさんへの手紙は時々書き換えているようです。
ちょくちょく発表だけしておいて、サンタさんをけん制しているのでしょう。
多分本命が決まったら清書して、お手紙にする段取りと思われます。
長男もチャッカリ、その手紙に便乗する事が予想されます。

サンタさんを信じているか否かは話題にしていない我が家です。

投稿者Okawa: 10:38 | コメント(1) | トラックバック(0)

December 5, 2006

行列のできる表参道ヒルズ

お昼の12時頃、表参道をタクシーで通りかかったら、表参道ヒルズ前で開店以来の行列に遭遇。1000人は並んでいたかもしれない。

しかし行列は気になるものです。
そんな光景をあちこちで目にする度に、
なに?どうしたの?限定品の販売?それとも何かタダで配ってるの?
タクシーの運転士さんと若い男性の編集者とあれこれ想像を膨らませても結論はでない。
なんか、こう、すっきりしないのです。

何故、平日の昼間にどうしてこんなに並んでるの?
ヒルズの開店時間は11時だし、今更並ぶほどの目玉があるとはあるとは思えないし…。
と、いう訳でその場は、映画かドラマのエキストラではないでしょうか。
という結論に至り、その場を通り過ぎました。

撮影中はすっかり忘れていた行列の謎は、夕方のニュースでその答えが分かったのです。
スマップショップのオープンでした。
限定DVD、限定チョコ、スマップファンなら見逃せないビックイベントだそうです。

なーーんだ!

投稿者Okawa: 18:44 | コメント(0) | トラックバック(0)

December 4, 2006

この冬1番の冷え込み

寒くなりました。
近所のイチョウが色付ていたことに、やっと昨日気づいたのでした。
夜桜はあるけど、夜銀杏も車の中からなら、なかなかいいものです。
神宮の絵画館前では銀杏祭りが行われていたそうですよ。

まだ衣替えもしてないので、冬物を少しずつ引っ張り出しています。
こうして年末までには何とな〜く夏物と入れ替わるんです。
でも、忘れちゃうんですよ。半年以上たってますから。
クリーニングのタグを頼りに開封しますが、今朝は寒いらしいので、「幅広カーディガン」とあった1枚を選んでみた。
えっ?そんなセーターあったっけ?
開けてみて、納得。
確かに襟の部分が大きく、ちょっと変わったデザインのカーディガンです。
クリーニング屋さんにとって、これだけ色々なデザインの洋服の管理は大変だろうな。
と思うこの頃です。

投稿者Okawa: 12:30 | コメント(0) | トラックバック(0)