a Piece of Cake お菓子 テリー 焼菓子工房SASSER LIFE MAGAZINE NEWS Tool 料理

2007年03月20日

レッスン後記:3月

フレッシュのブラックベリー・ラズベリー・ブルーベリーの3種類のベリーは、甘み酸味のバランスがとても良く、見て良し食べて良しの大人向けのクラフティーが焼き上がりました。
熱すぎても冷たすぎても味が飛んでしまうので、15分くらいおいて全体が落ち着くのを待ちましょう。ベリーにリキュールを振りかけるのを忘れずにね。ワンランク上の香り豊かなクラフティーになること間違いなしです。
070320p1.jpg

ピンクのソースの正体はハイビスカスティー。そして2wayソースです。
レモンを入れた途端、可愛いピンクのソースの出来上がり。「おぉ〜!」の歓声はほぼ予定通り。お菓子作りは科学だね〜。クラフティにかけて春気分を味わったら、残ったソースは冷たく冷やしてグラスに入れ、ベリーなどを添えればさらにもう一品デザートが楽しめます。コーンスターチはそのために加えます。作るときは弱火がポイントです。しっかり火を入れて沸騰させれば冷蔵庫で1週間くらい保存ができます。
070320p2.jpg

温かいブラックビーンズとクリームチーズのディップは、戸棚で眠っているドライのハーブやスパイスを上手に使ってください。最後にキュッと絞るライムを忘れずに!レモンよりやっぱりライムなのです。ブルーコーンのトルティヤチップスは思いのほか人気者でした。ブラックビーンズディップとのコーディネーションで、器選びも楽しくなるような配色でした。しっかり火を入れれば冷蔵庫で2週間くらい保存が出来ると思います。
070320p3.jpg

冷たいアップルチーズディップ。まるでチーズケーキを食べているみたいだったでしょ?これぞサッセの味!と言っても良いくらい、皆さんにはピタッときたようですね。材料も作り方もシンプルなので思い立ったらすぐ作れます。胚芽のビスケットはもちろん、リーフパイに挟んだりも良いのでないでしょうか。

ディップはベーグルや食パン等とも合うので、お弁当やピクニックにどうぞ。
今月のお茶は、生姜を入れた紅茶でした。最後にピリッとのどに刺激を感じ、特に寒い日にはお勧めです。
風邪やご事情でお休みをした方、4月のレッスンには皆さん参加できますように。
では、来月もよろしくお願いいたします。
070320p5.jpg

投稿者Okawa:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.sasser.ac/MT/mt-tb.cgi/85

コメント

気になってしょうがなかった「ピンクソース」は、めんたいこのわけなく、もっとおしゃれなハイビスカスでしたね。そう、大川先生レシピだもの、、いつものことながら、先生のレシピのセンスにうっとりです。めんたいこの私は先生に憧れてます。これからも楽しくておしゃれで美味しいレシピ、たくさん教えてくださいね。毎月のサッセは本当に楽しみです。

投稿者 ゆきゆき : 2007年03月20日 23:12




ログイン情報を記憶しますか?

(スタイル用のHTMLタグが使えます)