a Piece of Cake お菓子 テリー 焼菓子工房SASSER LIFE MAGAZINE NEWS Tool 料理

May 28, 2007

パンケーキミックス販売のおしらせ

発売して早6年。いつも応援してくださってありがとうございます。しばらくカフェのみの販売で、ご予約販売をお休みしていたパンケーキミックスでしたが、オーガニックのショートニングを入手し、もっと安全と美味しいパンケーキへと進化ました。今回はバターミルクパンケーキだけで、しかも先着120個までなので、ご迷惑をおかけするかもしれませんが、なにとぞご理解のほどお願い申し上げます。せっせと、相も変わらず手作りです。パッケージのラベルは気まぐれに変化をしてきましたが、発売開始当時のラベルでお届けします。

発売再開のきっかけは、先日小さなお子さんとお母さんがカフェでパンケーキを食べてくれたときの事。
「美味しい〜!旨め〜!ママも作ってよ〜」
「えっーー、上手に焼けないからダメ〜、また食べに来ようねっ」
「そーだねぇー…」
そんなに簡単に納得していいのかーー!?
うちのは黄金配合っていってもらえるくらい、美味しくって失敗なく焼けるんだゾ!
さぁ、焼きましょうパンケーキ!焼き方はご自由に。

ちなみにわが家の場合、子ども達はホットプレートで1枚1枚焼くけど、私は大きなフライパンで1度に焼きます。ここがアマとプロの違いですな、と威張っています。だからって、大きく焼くのが良いって訳では…あくまでお好みでどうぞ。ご参考までということで。
ご注文はこちらへ!

投稿者Okawa: 05:12 | コメント(5) | トラックバック(0)

May 23, 2007

アスパラソバージュ

フランスの山菜、今の時期3週間くらいしか輸入されないアスパラソバージュを浅野シェフから頂きました。うわぁ〜、しかもこんなに一杯。新鮮な野菜ってきれい、飾っておきたいくらい。
「さっとソテーか茹でてお召し上がりください」と一筆添えてあった。シェフに直接聞いたところ「ソテーがいいよ。フライパンを熱くなるまで熱してから炒めて、塩でいいよ」とのこと。
新鮮なうちに思いっきりいかせて戴きます!

※ごめん、お裾分けはできないのだけど写真を拡大してピレネー山脈の春を感じてください。

投稿者Okawa: 23:12 | コメント(5) | トラックバック(0)

May 22, 2007

レッスン後記:5月

今月のレッスンは、「作って楽しむ」クッキーでした。「こんなの家で一人でやりたくやりたくなぁ〜い」なんて言ってる人!もいたけど、やっていくうちに上手になっていくのを実感したことでしょう。上達への道は、何回も作って数を沢山作るべし。
070522p1.jpg

今回も10gの計量から始まり、1つ1つを手で形作りましたが、固すぎても柔らかすぎても打ち粉を振りすぎても、上手にいきませんでしたね。そこでちょっとした裏ワザもご紹介しましたよね。天板に振りまいたポピーシードのほか、ゴマやナッツ、粉糖、スパイスなどでも試してみて。焼く前に生地や天板を冷やすと10分ほどでサクッと焼き上がります。アルミホイル、チーズグレイダーを使ってなどのコツ。バターとグラニュー糖をしっかりホイップしてから水分を混ぜ合わせ、最後に粉類をさっくり加えて練らないように、などのポイントを押さえて、口溶けの良いクッキー目指してお復習いしてください。
070522p2.jpg

さらに今回のクッキーは「香りを楽しむ」もテーマでした。
発酵バター、ローズマリー、甘い香りのネグリタ ラム、シークヮーサー、ココア、バニラシュガー、シナモン、クローブ、クリスタルジンジャーなどのスパイス。コーンミールやブルーポピーシードもサッセらしい素材です。材料がシンプルなので、ちょっとしたアイデアでアクセントを付けましょう。

最後に「食べる楽しみ」は作った人へのご褒美。ケーキクーラーに取り、すぐに焼きたてを食べました。オーブンからプーンといい香りがしたら焼き上がりのサインです。鼻を利かせてそのタイミングをつかみましょう。いつかタイマーがいらなくなるかもね。パイナップルバーは冷やしてから食べると、とても美味しい味に出会います。

投稿者Okawa: 08:33 | コメント(0) | トラックバック(0)

May 18, 2007

教室始まります

5月の教室は明日からです。
初夏の風が爽やかに感じるこの頃、といいたいけど明日は雨降りでしょうか。土曜日クラスの皆さん、頑張って来てくださいね。

今月のサッセは、COOKIES.COOKIES.COOKIES。クッキー特集です。ちょっと変わった作り方もご紹介しましょう。皆さんで作りますのでエプロンのご用意を忘れずに。

※好評につきNewサッセオリジナルバックが到着しました!今回はお持ち帰りのお菓子とカメラくらいが入るトートバックです。腕のいい印刷屋さんなのでロゴのプリントがとてもきれいに仕上がっています。ご希望の方はサッセまでどうぞ。黒/茶 各¥1200(税込み)

投稿者Okawa: 16:17 | コメント(1) | トラックバック(0)

リアルシンプル

5月20日発売「リアルシンプル7月号」(日経BP社)
「クローゼットを片付ける」
連載「フェイクでおいしい!」で
          「和風ラタトゥイユ」(p127)を紹介しました。

和風野菜ミックス(冷凍)の中身はレンコン、椎茸、里芋、人参、ごぼう、いんげん。本当に近頃の冷凍の技術ってスゴイ!煮込んでも煮くずれしないんですから。それに根菜のめんどうな下処理や切ったりする手間は一切なし。今回のラタトゥイユはさっと作って、数時間寝かせると味がなじんで美味しくなります。作るのは簡単だから食べ方に工夫をどうぞ。

またまた6月号のお知らせをうっかり忘れてました…。
シリアルとチョコレート、ドライフルーツ、隠し味にシナモン。冷やし固めるだけで栄養とお腹と心が満たされる幸せなチョコレートバーです。バックナンバーで確認してみてください。

投稿者Okawa: 07:26 | コメント(0) | トラックバック(0)

May 16, 2007

お手伝い

15日火曜日、カフェは休み、取材撮影が早く終わった私は一人サッセの大掃除となった。とそこへ夫から、今日は遅くなる、長男は何時になるかわからない、との連絡が入り、珍しく次男と二人っきりで夕飯を食べることになった。お夕飯は次男の好物、昭和の洋食ピーマンの肉詰めとしました。

一緒に作ってみない?と誘ってみたら、まんまと…いや、素直にキッチンにやってきた。「ピーマンの種を取るときに壊さないようにね」「うん、わかった!」「空気が入らないようにね」「わかってる!」「付け合わせは、パスタとジャガイモだよ。どうする?」「ふつうにして」「お手伝いありがとうね」「うん」なんてあれこれ会話をしながらの料理は楽しかった。
070516p1.jpg


お肉に火が通ったかどうかチェックするときに、竹串を刺して下あごにつけて温度を測ったので、ちょっと尊敬したみたい。子どもには荒業に見えたらしい。「あぁ〜ぁ、少し空気入っちゃったかな。でも自分で作ると美味しいね。パパが帰ってきたら温めてあげてね」と自分で料理した次男はご満悦。次は何を手伝ってもらおうかな。
さて盛りつけて食べようかというところに、見てたのか?というタイミングで長男が帰ってきた。
070516p2.jpg


それにしても二人はそれぞれ良くしゃべる。それぞれがそれぞれの話題で盛り上がっている。私は聖徳太子になってなんとか二人の話を同時に聞く。長男は4日間続いている体育祭と今後控える受験の話。次男は恐竜の進化と聖徳太子について、ドラえもんの歴史の本から得た豆知識をもとに私に出題をしてくる。私もその合間を縫うように、「ジャガイモはビタミンC だよ。二人とも運動してきたんだから塩分はミネラル補給ね。ピーマンは焼くと甘みが出るねぇ〜。牛乳ばっかり飲まないで、早く食べなさい!」などなどつい小うるさくなってしまうウチの普段の食卓でした。

投稿者Okawa: 22:06 | コメント(0) | トラックバック(0)

May 14, 2007

母の日

「母の日用のケーキありますか」と聞かれたけど、そんなこと考えてもみなかった…。ウチはそういった行事戦略にはとぉーても弱い店です。カーネーション色のケーキや、チョコレートを削ってカーネーションに見立てたものとか?どこにでもありそうだな…。
070514p5.jpg

子どもの日と母の日が同じ月にあるのは何故でしょうかね。子どもの日は仕事が忙しく何もしてやれず、ゴールデンウイークも終わって疲れがどぉーっと押し寄せる頃にあるのが母の日。と、なると当然我が家は私が主役。外食大好き!私の好物はお寿司とステーキ。どちらも素材が大事で自宅では難しいから。日曜日なのでお寿司というよりはステーキでしょ!と、ロウリーズ・ザ・プライムリブ 東京へ。ワインで乾杯するときに夫の口から出たのは「おめでとう」何に?
まぁいいか「9周年にね」。母の日で来たのではなかったっけ?
070514p1.jpg

食べる気満々の長男。メニューからさっさと食べたいものを決めじっと待っている。お肉はもちろんアメリカンサイズ。次男は途中で失速。全く食べることに欲がないんだから。いくつものテーブルで「Happy Birthdeay♪」の歌声が聞こえ、久しぶりに活気あるレストラン。デザートのニューヨークチーズケーキは美味しかったし、さて帰りましょうか、というところへテーブル担当のお姉さんから「9周年おめでとうございまーす!」といってサプライズのデザートが運ばれてきた。乾杯の時の会話を聞いていたらしい。そんな心憎いサービスをされたら、もしココがアメリカならチップをはずむところです。
070514p2.jpg
その後自宅に戻り、次男から彼の大事なコレクションのボタンとストローで作ったネックレスをプレゼントしてもらった。長男には「首のシワを写すなー!」と何枚もやり直しをさせたり、自分でも撮ったり夫が撮ったり、大騒ぎしてシワを隠してやっと撮った写真です。

ところで、子どもの日か母の日かと考えた末、私が所有権を握ることにしたニンテンドーDSを披露するはずだったけどタイミングを外してしまった。だって、ゲームより手作りのネックレスの方が何倍も良いでしょ。

投稿者Okawa: 08:38 | コメント(3) | トラックバック(0)

May 2, 2007

ボンボン

カフェの定休日はまたまた雨模様の火曜日。GWは仕事なので平日に家族サービスとなりました。長男が観たがっていた映画を家族イベントに決定して、有楽町シネカノンで「ボンボン」を観ました。世界一ツイていないオジサンと、厳つい顔してるけど目の優しい白い大きな犬ボンボンとの心温まるお話。アルゼンチンの乾いた空気と地平線が広がり、いかにも南米らしくラテン的で良いんですよ。主役はプロの俳優さんではなく駐車場勤務20年の車庫入れのプロだそうです。プログラムが絵本の様な装丁で可愛いのも良い感じです。
070502p1.jpg


夜は、「また良く行くねぇ〜」とご批判も想定内で新丸ビルへ。
青山の「カフェ・ベルトレ」のマネージャーが新丸ビルの「ル・リモア」に移動したと聞いており、たまたま予約が上手いこといったので、子供たちもちょっとおめかししてフレンチに挑戦。カジュアルな雰囲気だけどちゃんとしたお料理に大満足。丸ビルの客さんは急ぐ人が多くらしく、本来のサービスができないのが現実のようです。

浅野シェフの「ポアンエリーニュ」は連日行列で、3500ピースのパンを売ったそうです。3500という数がどんなモノなのかというと…、ちょっと想像ができませんが、スゴイということだけは分かります。難しい名前のパンばかりだけど、味を想像しながらのパン選びは余裕があったら楽しいでしょうね。混雑中は無理と思いますが。ガレットというフィリングの詰まった平べったいパン、焼きたてのアツアツのあんパン、あんビザー、ハードなら粉の旨味が引き立った、ノールノールやライがお勧めですよ。

GW後半は皆さんいかがお過ごしのご予定でしょうか?
私は…お天気も良さそうなので、一気に家の片づけがしたいなぁ〜・・・。

投稿者Okawa: 07:53 | コメント(0) | トラックバック(0)