a Piece of Cake お菓子 テリー 焼菓子工房SASSER LIFE MAGAZINE NEWS Tool 料理

2007年05月22日

レッスン後記:5月

今月のレッスンは、「作って楽しむ」クッキーでした。「こんなの家で一人でやりたくやりたくなぁ〜い」なんて言ってる人!もいたけど、やっていくうちに上手になっていくのを実感したことでしょう。上達への道は、何回も作って数を沢山作るべし。
070522p1.jpg

今回も10gの計量から始まり、1つ1つを手で形作りましたが、固すぎても柔らかすぎても打ち粉を振りすぎても、上手にいきませんでしたね。そこでちょっとした裏ワザもご紹介しましたよね。天板に振りまいたポピーシードのほか、ゴマやナッツ、粉糖、スパイスなどでも試してみて。焼く前に生地や天板を冷やすと10分ほどでサクッと焼き上がります。アルミホイル、チーズグレイダーを使ってなどのコツ。バターとグラニュー糖をしっかりホイップしてから水分を混ぜ合わせ、最後に粉類をさっくり加えて練らないように、などのポイントを押さえて、口溶けの良いクッキー目指してお復習いしてください。
070522p2.jpg

さらに今回のクッキーは「香りを楽しむ」もテーマでした。
発酵バター、ローズマリー、甘い香りのネグリタ ラム、シークヮーサー、ココア、バニラシュガー、シナモン、クローブ、クリスタルジンジャーなどのスパイス。コーンミールやブルーポピーシードもサッセらしい素材です。材料がシンプルなので、ちょっとしたアイデアでアクセントを付けましょう。

最後に「食べる楽しみ」は作った人へのご褒美。ケーキクーラーに取り、すぐに焼きたてを食べました。オーブンからプーンといい香りがしたら焼き上がりのサインです。鼻を利かせてそのタイミングをつかみましょう。いつかタイマーがいらなくなるかもね。パイナップルバーは冷やしてから食べると、とても美味しい味に出会います。

投稿者Okawa:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.sasser.ac/MT/mt-tb.cgi/106

コメント




ログイン情報を記憶しますか?

(スタイル用のHTMLタグが使えます)