a Piece of Cake お菓子 テリー 焼菓子工房SASSER LIFE MAGAZINE NEWS Tool 料理

2007年06月09日

竹の子

記念館の事務局長から竹の子を戴きました。
この時期だから孟宗竹ではなさそうだけど、種類はわかりません。
いつもは1本が2kgもあって竹の子どもを通りこし、もしかして象さんの足ですか…というのをいただくこともあるのですが、今年のはとても小振りなので、正直な所ホッとしています。これなら、なんとかお鍋に入るから。

内側の皮は柔らかく、とってもきれいな紫の薄皮が何枚も現れます。このまま食べられそうなくらいやわらかい。本当に綺麗。子どもに手伝わせようと思ったけど、私自身これまで飽きるほどタケノコの皮をむいたという経験がない。だから、まだ教えるほどタケノコのことを知らないのです。ココ食べられるのかな…なんて夫と相談しながら皮をむいたけど、不思議なことに竹の子がそれを教えてくれた。でも、皮むきが楽しくて子どもに渡せなかったのも事実。
このタケノコ、灰汁抜きが要らないらしいので茹でておくだけいいらしい。
母が作っていた東京風のお醤油色した甘辛味の煮物でも作ろうかな。春巻きも作ろう。

投稿者Okawa:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.sasser.ac/MT/mt-tb.cgi/113

コメント

家の裏で孟宗竹が採れます。甘辛く煮たり、鯖缶を入れた味噌汁にしたりあく抜きの必要がないので手軽ですよね。
竹の子は鮮度が命!!ご飯にしたり楽しんで下さいね。
今日は肌寒くまだコタツが朝晩活躍!!え~って感じですよね。蕨、ふき、竹の子が美味しい季節です。
私は母のようには田舎風な煮物が出来ないので休日の今日ふきを煮るように言われちょっと困惑!!田舎は甘い味付けなんですよー!!かなり・・・。
玉ねぎの収穫も始まり毎日血液さらさら玉ねぎ生活です。
我が家も今夜は竹の子で一品作ります!!

投稿者 よっちゃん : 2007年06月10日 11:46

事務局長に聞きましたら、この竹の子は淡竹と書いて「はちく」で、掘るのではなく、地上に出ているのを採るのだそうです。採りたては天ぷらにしたり網で焼いたりすると美味しいのだって。今日は、下茹でまでしてきから、家に帰ったら何かに変身してないかなぁ〜、なんてことはあり得ないだろうな…時々、なくもないのだけどね。

投稿者 SASSER+ : 2007年06月10日 17:08




ログイン情報を記憶しますか?

(スタイル用のHTMLタグが使えます)