a Piece of Cake お菓子 テリー 焼菓子工房SASSER LIFE MAGAZINE NEWS Tool 料理

2007年06月19日

レッスン後記:6月

期待を集めた今回のパンケーキは「いつもの」ではなく、スウェーデンパンケーキと名前をつけた、不思議な触感のもちもちパンケーキのことでした。ずいぶん前に友達のピーターが、故郷のママを懐かしんで作ってくれたパンケーキで、これといったレシピがなくその場でアバウトに出した配合。ホームメイドって、味の記憶を目分量でちゃっちゃと作れて、それがその家の味になるわけです。小麦粉が少なく混ざりにくいので、フードプロセッサーやミキサーを使ってなめらかにすれば、室温に置く必要はありません。生地がゆるいので、これでちゃんと焼けるのぉ〜?と疑いのまなざしがパンケーキに伝わったようで、見事に納得、感動させて美味しくいただきました。

折りたたんだり、巻いたり、何枚も重ねてケーキのように切り分けたり、甘いソースばかりでなく、ツナペースト、鶏、魚、牛肉、野菜などに味を付けて、パンケーキで巻きソースなどを掛けて、焦げ目が付くまでオーブンに入れると、立派なメインディッシュにもなります。

ステンレスのテフロン加工と鋳物のスキレット、ガスと電気、と色々なやり方で試しましたが、肝心なのは1枚目。生地を流すたびに小さくジュッと音がするくらいにスキレットを温めること。上手にひっくり返すコツはスパテラを片手に持ち、膝を柔軟に曲げてリズムを取ること、のようでした。手首を返して、パンケーキがひっくり返ったら、プロになれます。鋳物は温まるまで時間がかかりますが、1度温まったら後は簡単。焼き上がったパンケーキが冷めないよう工夫するのも忘れずに。直径17.5cm位が丁度良い大きさです。

保存したい場合は、1枚1枚の間にオーブンペーパーやラップを挟んで重ね、ホイルやジップロックの袋などに入れておけば、冷凍保存ができます。解凍は電子レンジ、冷蔵庫、室温、オーブンなどで。

オレンジスライスは、小振りなネーブルで作りましょう。ウェンガーのスナックナイフは切れ味が素晴らしく良く、スライスしたオレンジからはほとんどジュースが出ませんでした。切れるナイフとはこういう事です。あく抜きは2回、お砂糖の割合を70%にしてスッキリとした甘さになりました。仕上げる前に、鍋の中のグラニュー糖を水をつけたハケで良く洗うことと、煮すぎには注意を。
教室後、残ったシロップをもう少し煮詰めて保存してみます。使い道は未定ですが…。

スパイスハーニーソースはハチミツとメープルシロップにスパイスを加えて作りました。2:1ルールを守って頂ければ、スパイスやハーブはご自由に。保存は必ず冷蔵庫でお願いします。カビに注意です。もしカビが生えてしまったら、その部分だけすくい取れば大丈夫。

チョコレートソースは水を加えて溶かしただけ。水だけです。簡単ですから、バリエーションを楽しんでください。

今が旬!新生姜のジンジャーエール用シロップは、手作りなんてできるんだぁ〜!と誰も感じていたかもしれません。高知産の柔らかくみずみずしい生姜で作ります。梅雨の間くらいは販売されていますが、だんだん繊維が堅くなるので、なるべく早めに作りましょうね。ホームメイドならでは、スッキリとした甘さと、程よい辛さで身体がシャキッとする感じです。ビールで割ったり、カクテルのベースやお菓子作りにと何かと重宝しますよ。


レシピ通りに作るも良しですが、基本的なところだけマネをして、自分なりのオリジナリティーを生かすことをお忘れなく!

投稿者Okawa:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.sasser.ac/MT/mt-tb.cgi/118

コメント




ログイン情報を記憶しますか?

(スタイル用のHTMLタグが使えます)