a Piece of Cake お菓子 テリー 焼菓子工房SASSER LIFE MAGAZINE NEWS Tool 料理

October 29, 2007

台風一過

台風去って、久しぶりに富士山が顔を出しました。いつの間にか、真っ白くなって、冬の訪れはすぐそこまで来ているのですね〜。
富士山、見える?テラスからはくっきり見えてるんですけどね…。
雲も気持ちよさそうに泳いでいました。秋の雲はどんどん姿を変えるから面白いです。
写真術の講座は晴れ続き。太陽ご持参の長嶺さんでした。


ブログを初めて1年が経ちました。読んでくださってありがとうございます。


投稿者Okawa: 08:06 | コメント(0) | トラックバック(0)

October 26, 2007

ベジー彫刻

義父は81歳。すこぶる元気に名古屋市内で独りで暮らす彫刻家です。
本職は石屋。お墓の石などを扱っておりました。
何を思い立ったかベジタリアンになったのは74歳の時。体力を心配しましたが、2トン近い石から彫刻を作り、たまにお寺さんからお声がかかれば、観音様を収めたりお墓の石に名前を刻んだりもしています。

81歳といえば、立派なおじいさん。家族としては車の運転、大きな彫刻もほどほどに、大人しく好きな物を食べたり、友達と社交ダンスでもして、毎日のん気に暮らしてくれれば安心なのですが…。

その義父の彫刻が現在、国立新美術館<略して新美>で二紀展に会員として出品しています。以前は、上野の東京都美術館で春と秋の2回、作品展があったのですが、今年から会場が新美になり、かなり嬉しそうでございます。
芸術の秋、新美に行く事があったら、覗いてみてください。
但し、700円と有料でございまして、申し訳ありません。ですが、義父のはともかくメンバーの作品は力作ぞろいですので、ご鑑賞くだされば幸いです。

さて、義父の作品ですが、ベジタリアンとして誇りの現れでしょうか黒豆の「PEACE」です。前回も確か「豆への讃歌」という、1,5tもの豆の彫刻でした。
あえて、作者の名前は公表しませんが「豆」を作品にするのは義父くらいですから、ご覧になられた方はすぐに分かると思います。

台風接近でそれどころではないと思いますが、29日まで展示されています。

投稿者Okawa: 17:50 | コメント(5) | トラックバック(0)

October 25, 2007

お知らせ:写真とおにぎり講座について

第1回目の長嶺輝明さんの写真講座は、親父ギャグ(一部の若者には通じず)を交えながらの長嶺トークで、写真以外の事もとてもためになった楽しい講座でした。
初めてデジカメを買った人、高校生やプロのカメラマンまでも参加したりで、「かわいい」写真術を理解するべく、集まった参加者で秋晴れの日曜の午後はとても和やかでした。

※第2回は28日(日)午前11時〜(焼菓子工房サッセ)です。
参加者はお忘れなきようお願いします。

※11月4日(日)おにぎり田田のおにぎり講座は定員になりました。キャンセル待ちとなりますが、参加ご希望の方はご連絡をください。

投稿者Okawa: 10:42 | コメント(0) | トラックバック(0)

October 24, 2007

秋の雲

空を見上げたら、こんな雲が浮かんでました。

テリーを思い出しました。

投稿者Okawa: 09:30 | コメント(0) | トラックバック(0)

October 23, 2007

レッスン後記:10月

リクエストのビスコッティは、皆さんの希望もあってカフェサイズそのままをレッスンしました。家庭で作るにちょっと大きすぎだけど。いつも作っているようにレッスンしましたので、もしカフェのビスコッティが、売れすぎて困るようなことがあったら、ぜひアルバイトに来てくださいねー。

ビスコッティは粉と卵が主な材料で、バリエーションは限りなくあります。カフェのビスコッティは3種類。ブラックココア、コーヒー、プレーン。3本並んだときに、3色がグラデーションになるのですよ。コーヒービスコッティは隠し味にココアも少し入れています。ドライフルーツのビスコッティは、ペルーノというパスティスを香り付けに加えています。それぞれ、企業秘密のはずでした…。(なんて、ウソです。)

加える卵の量はやや慎重に。ドライフルーツを入れる方はペルーノを加える分、卵を減らします。コーヒービスコッティは卵3個は乾燥するこれからの季節は、ほぼ全量入ると思います。生地は、カードで切り混ぜるようにひとまとめにして、練り込まないように。油分がないので、天板には必ず、オーブンペーパーを敷き、40×15cmに伸ばします。ベタベタした生地をこのサイズにカードなどで伸ばすには、ちょっとやりにくいので、カードでいくつかに分配し、生地が平均的になるようにして連結させます。手粉をたっぷり付けて、指先で長方形に伸ばします。

まず1回オーブンで焼き、冷まします。両端を2,5cm切り落としたら、残りを半分、またその半分、そしてまた半分、最後にまた半分という具合にカットして全部で18等分にします。切り口をそれぞれ15分ずつ焼き、完全に冷めると、とーっても固くなります。
そして、アマレッティに漬けて試食タイムとなりました。

アップルクランブルケーキは、簡単なようでパーツが多く、ワンボールケーキというわけにはいきません。計量も細かく、少々手間でもあります。そこで、今回は重複する材料は、最初に全体量を計量し、使うときに計量スプーンなどで取り分けるという作り方を提案しました。お菓子も、時にはお料理感覚で作ってみてください。さじ加減が大事です。

私の基本クランブルの材料は全て同量です。焼いている間に沈んでしまう人は、15分間焼いた後、オーブンから取り出して、クランブルを振りまきましょう。型の端までまんべんなく振りまかないと、焼き上がった時にクランブルが中央に集中してしまいますよ。今回はブラウンシュガーにしましたが、グラニュー糖で作ると、焼き上がったときにケーキとのコントラストが、はっきりとした仕上がりになります。久しぶりに基本的バター生地です。軽い口当たりですが、様々な材料を使っているだけあって、美味しいケーキです。最後にソテーしたリンゴを加えますが、さっくりと混ぜ合わせると、カットした時にマーブル模様が楽しめます。

お菓子のエピソードなどはいつもお配りしているコラムを参考にしてください。

ビスコッティ、アップルクランブルケーキ、どちらもカフェにて好評発売中です!

投稿者Okawa: 16:14 | コメント(2) | トラックバック(0)

October 19, 2007

教室始まります

眠れない人が増えているらしいですね。睡眠クリニックの先生がテレビで、眠りについてお話ししていました。眠れないのはさぞ辛いことでしょう。ところが私はその反対で、このところ以前に増してよく眠ります。夜は子どもと先を急ぐかのような勢いで、眠り体制に入る早さは家族一です。おかげで朝の目覚めよろしく、お弁当、朝食の準備でトップギアーに入ります。秋の夜長に寝てしまうのはもったいない、とは思うのですが…。
知り合いのブログのタイトルは、残間里江子の「今夜も眠っちゃいられない」24時間ぶっ通しで戦っている様子です。

私も寝ている場合ではないです。サッセは明日から教室始まります。今月は、リクエストに応えて、ビスコッティとリンゴのクランブルケーキです。

お待たせいたしました。アルバム完成しました。2007年も終わる頃だというのに…。過ぎ去りし教室風景を懐かしんでいただければ幸いです。

21日(日曜日)は長嶺さんの写真術の初日です。1回目にエントリーしている方、よろしくお願いします。

投稿者Okawa: 15:31 | コメント(0) | トラックバック(0)

October 15, 2007

お取り寄せ

私にしては珍しくお取り寄せ。次男は卵かけご飯も好物の一つ。その横で私は、白身は固めで黄身が少しトロッとした目玉焼きを食べる。「オイシ〜」と食べてる次男に、生卵の苦手な私としては、そーなんだ…としか言いようがない。そもそも、その食べ方を教えたのは私だし、朝ご飯をしっかり食べるなら良しとしている。

卵かけご飯用の卵は鮮度が命。夏場はあまり食べさせられないので、そろそろ解禁の季節到来。らでぃっしゅぼーやから宅配されてくる卵で十分美味しいのだが、ネットでたまたま卵について検索していたら、「この味、初体験。究極の卵かけご飯。」というキャッチコピーに力強く説得されてしまった。東北牧場の身土不二の卵の青卵。卵が青いんですよ!10個で3,150円に送料を合わせると…、こどもが食べるには贅沢すぎる。話しはどんどん大げさになり、卵かけご飯専用となってしまい、子どもはかなり期待して待っている。

もともとは寺門ジモンさんが究極のプリンを作ってみたい、とのことで探していた卵だから、卵ご飯にするにしてもプリンにするにしても、好奇心優先でさっそくお取り寄せしてみました。黄身と白身の割合が半々だというSサイズの卵。なるほど、卵かけご飯に美味しいというのはここにあったのね。ならば、すき焼きにも美味しいのかもしれない。感想は後ほど贅沢で生意気な小学生に聞いてみます。

投稿者Okawa: 14:05 | コメント(1) | トラックバック(0)

October 7, 2007

プライベートレッスン

先日の予告通り、おにぎりレッスンのお知らせです!
新米、もう食べましたか?ふっくら炊けたご飯はそれだけでご馳走ですよね。「代官山おにぎり田田(DEN DEN)」に長野県木島平の新米が間もなく到着します。特製の特大鉄釜で炊いたアツアツご飯のふっくらおにぎりを味わいましょう。とれたての新米にきっと感動するはずです。
講師はおにぎり田田のオーナーの江倉隆之さんです。日曜日の忙しいところお店を抜け出して、サッセに来てくださいます。普段、お店では聞くことのできないおにぎりへの熱い思い、美味しいお米の話、さらにだし巻きも教えていただきます。
詳しいことはこちらをご覧ください。
※サッセ企画のプライベートレッスンはどなたでも参加できます。フォトレッスンの追加講演もまだ募集が始まったばかりです。おにぎりとかわいい写真、秋は何かとワクワクする企画が続きますよ。

投稿者Okawa: 19:34 | コメント(0) | トラックバック(0)

October 3, 2007

追加講演決定!

「写真家長嶺輝明氏の「かわいい」お菓子写真術」にたくさんのお申し込み頂きありがとうございました。大好評なので追加公演…ではなくて、追加の講座をお願いできませんか?と伺ってみたら、なんと!二つ返事でOKをいただきました。

日時:1回目  10月28日(日)AM11:00〜 焼菓子工房                SASSER
   2回目 11月25日(日)AM11:00〜 a Piece of Cake
※お申し込みに際して、上記の日程で参加できる方を募集しますが、初回の日程をご希望の場合は、メールにその旨を書き添えてください。ご希望に添えない場合がありますので、あらかじめご了承ください。お申し込みはこちらへ

※お願い※ すでにお申し込みをいただいている方の中から、上記の追加の日程に変更していただける方を若干名募集します。少し会場にゆとりをもって講座を受けていただくためです。ご協力くださる方がいらっしゃいましたら、ぜひご連絡をください。


投稿者Okawa: 16:26 | コメント(0) | トラックバック(0)