a Piece of Cake お菓子 テリー 焼菓子工房SASSER LIFE MAGAZINE NEWS Tool 料理

November 27, 2007

浅野シェフ

今日は2ヶ月前から予約していた淺野正己シェフのアトリエでスペシャルランチ。相変わらず力強い料理に大満足で外に出たら、空に広がったシェフのお料理を再現したような雲に感激。シャンパンとワインの余韻が残るい〜気持ちの昼下がりでした。


さて、ビッグニュースです!
浅野シェフの新刊「こねない、丸めないパンの作り方」が12月10日に文化出版から発売されます。タイトル通りまたまた新しい臭いがプンプンします。写真は 長嶺輝明氏なので「かわいい」パン写真術も楽しめそうですよ。

2008年1月26日(土)プライベートレッスン決定しました!
本をテキストにレッスンして頂く予定です。だから、レッスン参加希望の方は本を買うのをそれまでちょっと待っててくださいね。詳細が決まったらお知らせします。

投稿者Okawa: 08:18 | コメント(5) | トラックバック(0)

November 26, 2007

駅前便り

青山通りの街路樹が「撤去」されるらしい。自転車じゃあるまいし…。理由が理解できないし、その下の未来予想図を見てもわからない。緑陰効果がないのでイチョウの木に植え替えるのだそうです。育つまでしばらくはもっと緑陰のない、ギンギンに暑い表参道付近ってことですね。お役放免にされたこの樹、これから紅葉して、街行く人を楽しませようとしているのに。なんだか、かわいそう。だからといって樹が植え変わった事をどれだけの人が気づくかというとそれもまた…。銀座の柳でさえ、洒落た形の樹になってしまった事だしね。時代の移り変わりの一つということか…。

投稿者Okawa: 09:04 | コメント(0) | トラックバック(0)

November 24, 2007

ルーシーとハンナ2

前にお知らせしたイワサキユキオさんの「ホッとPHOT展」に行ってきました。今日は風もなく穏やかなドライブ日和。首都高、第3京浜から横浜横須賀道路で逗子から鎌倉というルートで1時間ちょっと。鎌倉も近くなりました。波乗りをしていた若い頃は当然のように、有料道路は第3京浜しか乗れなかったなぁ。ひたすら下を走ってました。

開催場所のBORN FREE WORKSは目の前が海という、とーてもステキなところにあるギャラリー。ルーシーとハンナもお客様のお出迎えに大活躍。芝生の撮影用ステージが設置されていて、スマイルでご愛敬のご両人。一人一人にご挨拶したら、おやつがもらえます。
「ふぅ〜いそがしいよー」とそっと話してくれました。

風邪ひきの私ですが、太陽と潮の香りはどんな薬より効き目がありそうでした。ギャラリー隣のアメリカンなレストランも海岸沿いならでは。海でボーッとするのもたまには良いよね。写真展は来週もやっていますよ。

投稿者Okawa: 21:54 | コメント(4) | トラックバック(0)

November 20, 2007

レッスン後記:11月

ジンジャーブレッドクッキーは今年で5年目。
2ヶ月にわたって仕上げるジンジャーブレッドクッキーを仕込むと、今年も終わりが近づいてきますね。
11月は生地作りと焼成。12月に組み立てます。お菓子の家、クリスマスリース、ツリーと毎年頑張ってステキな作品を作りました。今年は「キャンドルスタンド」。今までで一番簡単そうでしょ。ろうそくのほのかな明かりが、ちらちらと漏れるように明かり窓を開けます。ジンジャークッキーの甘い香りが漂う、世界でたった1つのアロマキャンドルを作りましょう。

生地作りは、通常の3〜4倍。総重量4㎏もあって大変そうでしたが、生地の感触はダイレクトに手に伝わったことと思います。
サッセにも用意がありますが、付けたいトッピングやパーツがあるのでしたらお持ちくださいね。持ち帰った生地はすぐに焼かないときは、ジップロックに入れて冷凍庫へ、解凍は冷蔵庫で。伸ばすときのコツは、下地にしっかり打ち粉をして伸ばします。上の粉は振りすぎたら、ハケで落とします。白く焼き上げたいのでしたら、上に振った粉はそのまま焼いてください。

もう1品はリクエストもあって「タルトタタン」を作りました。フランスのアップルパイのタルトタタン、今の時期ぎりぎり紅玉で作れます。21㎝の型に10個分の紅玉をぎっしり詰めて焼きました。8カットしましたので、1ピースあたり、リンゴを1個以上食べることになります。タルトタタンは家庭によってそれぞれレシピがあるそうです。お料理の感覚で作れるので、デザートとしてレストランメニューにあるのも納得です。

キャラメルを作るところだけがちょっと大変かもしれませんが、グラニュー糖も少量なので難しく考えないで。表面に泡が広がりサラサラになったらリンゴを入れて良く絡めます。ココがポイント。仕上がりの色の濃さや味に影響します。リンゴを煮るお鍋は大きめで作ってください。型にりんごをぐいぐい詰めてください。箸は本当に便利です。フランス人にも教えてあげたいです。紅玉が終わったらこれから出回るリンゴで作ります。紅玉が持つしっかりとした酸味は、レモンなどで補うと良いのかも知れませんが、リンゴの種類が変わっても同じ味を求めるより、その時々のリンゴで違う風味のタルトタタンであっても良いのではないでしょうか、と思います。

今月からデロンギ社の全自動エスプレッソマシン登場で、いつでも挽きたてのコーヒーを飲んで頂けるようになりました。ボタン1つでスチームやフォームしたミルクがショワーッと出てきてカプチーノやカフェラテも。まるでお店みたいです。一家に一台あったら良いね、と、羨望のまなざしで、ほしーっい!けど置くところがなーい。とお嘆きだった方、ドカンと場所を取ってる電子レンジをエスプレッソマシンに替えてみるのも良いかもですよ。

風邪などで欠席された方、お大事になさってください。クッキーのパーツはサッセで作っておきますので、今年は仕上げでオリジナリティーを発揮してくださいね。

投稿者Okawa: 09:06 | コメント(2) | トラックバック(0)

November 18, 2007

焼き印

パンケーキにa Piece of Cakeの焼き印が入ります。
以前は教室のシンボルマークを押していたのですが、この度カフェのロゴマークの焼き印を新調したのです!! 1枚1枚手焼きして1枚1枚焼き印を押す。いいかんじだな〜と自画自賛です。
秋もすっかり深まり、増々パンケーキの季節到来です。パンケーキミックスの発売もそろそろ始めます。


ちなみに、こちらは今日が開校記念日でいただいたお祝い饅頭にもしっかり校章の焼き印が。お饅頭は青山の紅谷さんという老舗の和菓子屋さん。小学校のくせにステキです。

投稿者Okawa: 16:59 | コメント(2) | トラックバック(0)

November 16, 2007

教室始まります。

ボージョレ・ヌーヴォーが解禁しましたね。飲みましたか?
ここ数年、ボージョレ熱の冷めている私ですがやはり気にはなり…。近所のセブンイレブンで、ソムリエ田崎真也が調合したというのを買って飲みました。

教室は明日からです。
毎年恒例のジンジャーブレッドクッキーとタルトタタンです。実習ですからエプロンのご用意を忘れずに。生地のお持ち帰りもありますよ。

18日は写真講座の2日目です。宿題できましたかーー?
場所はカフェ。集合時間は11時45分です。終了は2時頃の予定です。11時30分までカフェを貸し切りで使用しているため、早くお越しになっても寒い所でお待たせしなくてはなりませんので、お時間の通りにお集まりください。

投稿者Okawa: 16:30 | コメント(0) | トラックバック(0)

November 11, 2007

ルーシーとハンナ

カフェにちょくちょくお越しのジャック・ラッセル・テリアの親子。背中に丸い模様があるお母さんのルーシーといつも一緒の娘のハンナ。ほぼ日で連載されていた「Say Hello! あのこによろしく。」の主人公です。2004年には本にもなりました。ママになったルーシーがおっぱいをあげたり、おチビちゃんたちを優しく見守っている様子は、ステキな映画でも見ているかのようです。たくさんの写真で成長の様子がていねいに描かれていて、イワサキユキオさんの目線と語り口調の文章が、なんともジーーンとする本です。チラッと写っている、ご自宅のインテリアもとてもステキなのですよ。

『イワサキユキオのホッとPHOTO』より

会ってみたいなぁ〜と思っていたら、ある日カフェにいらしたんですよ!もちろん飼い主のイワサキさんとですけど。会ったことはなかったけど、すぐに分かりましたね。ルーシーとハンナだって。長男も本を読んですっかりファンになっていたので、来たことを伝えるとすごくうらやましがりました。どんな芸能人が来ても騒くことはないけど、ルーシーとハンナは特別です。お散歩に行ったり、イワサキさんが近くで打ち合わせの時はチャンス!とばかりに「置いていっていいですよ」と声をかけ一緒にお留守番したりして、少しずつ仲良くなれました。私も犬のお母さんしてましたからね。

11月23日から鎌倉のボンフリーワークスで写真展が開かれます。「ホッとPHOTO展」できっとまた、あのこたちに会えるでしょう。お近くの人もそうでない人も、ぜひ会いに行ってください。

同じテリアでも、うちのテリーはこーんなに大きいお顔…。
 (クマじゃないよ:テリー)

投稿者Okawa: 15:15 | コメント(4) | トラックバック(0)

November 10, 2007

学芸会

一年おきの学芸会。1年生の時は「おたまじゃくしの101っちゃん」で意地悪なタガメの役だった。今年は、ミュージカル仕立ての「とらねこ空河(くうが)」。サーカスのヒーロー、ビックタイガーの息子で記憶を失ったとらねこ空河。猫に騙されたり、犬とケンカをしたり、ネズミに励まされたり、仲間との出会いの中で自分を取り戻し、最後には友情の大切さを知るというストーリー。

今回はチョイいい役のネズミ。次男のソロのセリフは「いったい、きみはだれなんだい?」「自信ないのかー?」のふたつ。それとその他大勢でコーラス隊。すでに才能を開花させている子もいれば、それを予感させる子もいて、子どもの力ってすごいなぁーとつくづく思う。
衣装作りは親の役目で、耳としっぽを頑張りました。

投稿者Okawa: 17:12 | コメント(4) | トラックバック(0)

November 8, 2007

onceダブリンの街角で

アイルランドのダブリンという街を舞台にした「onceダブリンの街角で」を観た。現代の映画なのに、携帯やメールといった連絡ツールは登場しない。路上で出会った二人は、友情と恋のあいだを揺れながら、それぞれの心の中は音楽で通じ合っていた。次に会う約束も全てはお互いを信じる気持ちだけ。

リアルな今のアイルランドと、ドキュメンタリーと思うような映像に頭の中が溶けそうなくらい感動して、パーフェクトな音楽の才能に涙が込み上げてきた。力強い音楽と彼女の歌声は、目をつむって聴いていたかった。何度も観たいと思った、今年一番のお勧め映画です。「渋谷シネ・アミューズ」みたいな、小さな劇場で公開されている。見終わった後に良かったね、と小さな声で誰かに言いたくなる映画だった。

観た後にアイリッシュな気分に浸りたかったら、パブに行ってみるのも良いかもしれないです。

自宅から渋谷の映画館、その後に表参道のMOMA SHOP、HBギャラリーに和田誠さんの展覧会などに行き、歩き続けて13,369歩也。一日1万歩は至難の業です。

投稿者Okawa: 16:36 | コメント(0) | トラックバック(0)

November 7, 2007

季節感

学校から帰ってきた子どもが、近くにクリスマスツリーのような、かもしれないものが飾ってあったヨと言う。「まさか〜」と現場に直行してみると、確かにクリスマスツリー。早過ぎです。まだ11月の初めだよ。と小学生でさえ驚いている。

そういえば、ハーゲンダッツもクリスマスアイスの予約を受け付けてたし、おせち料理だって受付を開始していた。そう考えるとおかしくないのか…。銀座とか丸の内とか、もうすっかりクリスマス?
(写真は、渋谷PARCOと文化村のデュ・マゴ)

焦ります。街がクリスマス色に染まって行くのですね。東京はこれからが紅葉シーズンだというのに。今年もクリスマスケーキありますか?という問い合わせに、いつまでものらりくらりと交わしている場合ではありませんね。

今年もクリスマスケーキご注文賜ります!詳細は後ほどお知らせします。なるべく早く…。


投稿者Okawa: 07:32 | コメント(4) | トラックバック(0)

November 6, 2007

子どもからの質問

「なんでサケなのにシャケおにぎりっていうの?」
なまってるから。

「秋はどうしてゆっくり時間が流れるの?」
さぁ……。(こちらは常に時間の流れが速いのだけど…)

「こどものどもの字ってどう書くんだっけ?さんずいに共?」
ちがうよ。人に関係する事は、にんべんだよ。
「さんずいの方が良いよ。だって、川の流れのように育った方がいいじゃない。」(美空ひばりか?)
「よくさ、名前を考える時に、なになにのように、とかいうじゃない。あ〜陸介って名前、大きくなったはずかしくないかな〜」
恥ずかしくない!

「ねぇ、ごうごんってなに?」
何に書いてあったの?
「(クレヨン)しんちゃん。」
合コンっていうのは、グループで男の人と女の人がご飯を食べたりすること。昔は他の言い方があったけど、今は短くいうんだよ。お酒を飲んだりすることも多い。以上!

まだまだ、面白い年頃です。
(しっかり勉強しろよ:テリー)

投稿者Okawa: 09:41 | コメント(0) | トラックバック(0)

November 5, 2007

おにぎり日和

新米の季節にふさわしく清々しい秋晴れの日曜日。青山の真ん中でしかもテラスで、大きな鉄釜でご飯を炊くなんて前代未聞ではないかしら。青空おにぎり講習会に参加の皆さまありがとうございました。

おにぎりは形ではない、ご飯が美味しく炊けるかどうか。お米を美味しく炊きあげるには、冷たいお水で炊くことで沸騰点までの時間が長いほど、お米がふっくら炊きあがるのだと教わりました。新米4Kgはおにぎり約100個分。使い込んだ木の蓋から噴き出す湯気と炊きあがるお米の香りにワクワク。猫手の人はアチーッ!アチー!と大騒ぎ。ラップで包むなんてありえませんと江倉さんはおっしゃいました。

だし巻きは、お店の作り方を再現してくださったので、実演販売を見ているかのような、華麗なる手さばきに見とれてしまいました。でも、ポイントはしっかり教わりました。2回目の卵液は箸で3箇所、卵の下に流すのでしたね。鍋の温度を感じ取り、油の膜を利用して、卵がくっつかないようにするのがコツのようでした。あまりの豪快さに、煙探知機が作動してしまい、ビックリ!!ご心配掛けてすみませんでした。ご家庭では十分換気をして作ってください。

肝心なおにぎりの写真が撮れず残念。作るのも食べるのも皆さんお早くて…。写真を撮った方がいらしたら、送ってくださいませんか。(とお願いしていたら、広島から参加してくださった方から頂きました。ありがとうございます)
ゆっくりと雲が流れていてた、おにぎり日和でした。

投稿者Okawa: 11:16 | コメント(0) | トラックバック(0)

November 3, 2007

文化の日

長男の高校生活最後の文化祭に行ってきました。
クラス企画は実写版のドラえもんと4本のショートムービー。高校生にしては面白く観られる作品に仕上がっていたかな。

今も昔もお約束のお化け屋敷はやっぱり人気。今時はカップルで並ぶ姿は全くナシ。健全です。野外ステージで踊ったり熱唱する(かなり上手い!)生徒の皆さん「アガル」という文字には無縁な感じだ。

女子はすっかり大人っぽく、お化粧のノリ良く、しかも上手!
男子もすでに出来上がってる風だった。こうして、外で息子を見ると、いつの間にか大人になっていたことに気づきます。

文化祭は明日まで。これまでの準備には目をつむった。受験の方は大丈夫なんでしょうねッ!

投稿者Okawa: 16:30 | コメント(0) | トラックバック(0)

November 1, 2007

相似形

庭の木に、シジュウカラとヒヨドリなどの秋の野鳥が訪れます。
今朝もヒヨドリは、ヒーヨヒーヨと鳴きました。

テリーも木に留まりました。
(好きで留まってるんじゃないです:テリー)


投稿者Okawa: 09:07 | コメント(3) | トラックバック(0)