a Piece of Cake お菓子 テリー 焼菓子工房SASSER LIFE MAGAZINE NEWS Tool 料理

January 29, 2009

サッセバック

新色の「水色」に加えて、「ブルー」も仕上がりました。
4色揃いましたので、その日のコーディネートや気分に合わせてお持ちいただけます。
生徒の皆さんはレッスン時のお菓子のお持ち帰り用、カメラや小物入れに使っていますが、ランチタイムバックとして、お弁当バックとして、小さなお嬢ちゃんのお出かけ用にもと、いろいろな場面で重宝すると思います!
ご希望の方はこちらまでどうぞ。


  ¥1260 :タテ190mm x ヨコ290mm x マチ100mm

投稿者Okawa: 10:38 | コメント(2) | トラックバック(0)

January 28, 2009

うれしはずかし誕生日

今年もスタッフや友達や家族、合わせて15人と2匹の皆さんに、新年会のような誕生日会にお集まりいただきました。いつも16℃のわが家は、なんと、20℃まで室温が上昇! 人の体温ってすごい!!

名古屋のお友達からは珍しい食材の数々と花束をいただきました。

バルーンやワイン、プレゼントを持って最初に来てくれたのは、スタイリストのナタちゃん。この人に不景気とかは似合わない。いつでも場を盛り上げてくれる大事な存在です。

ルーシー&ハンナパパのイワサキさんはバースデーケーキをオーボンヴュータンに特注してくれました!

スタッフのミキちゃんは、この日の定番「コーヒーシナモンケーキ」を焼いてくれました。どうりで、カフェの冷蔵庫の前から離れないと思ったら、内緒で頑張っていたんだね。去年は一番のチビッ子だったのに。麻里ちゃん、ヒヤシンスの花束ありがとう。

私は皆さんのために、ブラックベリーのチーズケーキを焼きました。

子どもの頃は、両親が生まれた当日のことや、小さな頃の話をしてくれて、アルバムをめくる、というのがお誕生日会。当然だけど、今はそんな小さな頃の話をしてくれる人はそばにいない。

だからってわけではないけど、最後にスタッフだけになり、かねてからの約束だった、思い出アルバムのお時間となった。20年前や二十歳の頃の写真を見せて、爆笑で幕を閉じたお誕生日会。
ありがとうみなさん。楽しかった、嬉しかった、幸せです。

投稿者Okawa: 10:12 | コメント(8) | トラックバック(0)

January 23, 2009

教室始まります。

新しい方も長く在籍する方もどなた様も、今年もみんなで一緒に始めましょう。そして、3月に15周年を迎えるSASSERです。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

最初のレッスンはクッキー&チーズケーキ。
先日、メイクアップ小物のレセプションパーティー用に、ビューティーでヘルシーなお菓子を作りました。ナチュラルフルーツパウダーを使って、春らしいお菓子を作ります。
丑年にちなんで牛柄のパウンドケーキやクッキー、とも考えましたけどね。一部実習です。エプロンなどお忘れのないように。

07年に作った、お持ち帰り用サッセバックの新色登場です。
前回の黒、茶色に加えて、初夏をイメージした水色です。間もなく、紺もできあがる予定です。ご希望の方は、教室またはメールにて。(¥1260 :タテ190mm x ヨコ290mm x マチ100mm)


投稿者Okawa: 11:41 | コメント(2) | トラックバック(0)

January 21, 2009

ヒヤシンス

花好きの叔母からヒヤシンスの球根をもらったので、何年かぶりで水栽培を始めました。
忙しい時期は、何かといろいろ、育てものは大変。
なので、ようやく始めたのは、一年の計は元旦にあり、ということになった。
今日で20日間経ったところ。
今はたっぷり寒さを与える時期。テラスに置いた箱の中で陽を浴びる日を待っています。何色が咲くかは、もう少し芽が伸びてこないと分からない。
「どうかピンク色に咲いてちょうだい」とお願いしているのです。
1週間に1度、水を取り替え、1月の下旬になったら、明るく温かいところへ移します。
春が来る頃には、カフェの窓辺で花を咲かせてくれましょう。

投稿者Okawa: 10:45 | コメント(0) | トラックバック(0)

January 19, 2009

HP更新しました。

長い間工事中だったカフェメニューページの
コンテンツをアップしました。

これからも少しづつ、時々、お知らせなどを更新して参りますので、ご覧頂けましたら幸いです。
また、火曜日は定休日ですが、冬の間はカフェで仕込みすることが多いので、時間は不規則ですがオープンしています。
どうぞお越しくださいね。

投稿者Okawa: 10:07 | コメント(3) | トラックバック(0)

January 18, 2009

お呼ばれお鍋

バレエウエアなども手がけるデザイナーの林和子さんから手料理とお鍋をお招き頂いた。
昨年のディーズホールのフリマの時、出品されていた土鍋を見て、
「あっ!これでぶりのしゃぶしゃぶしたら美味しそう。ネギを細ーーーく何本も切って一緒にしゃぶっとして、食べるのよ」とカズさんは熱く語っていた。
へぇ〜そうなんだ、と傍らで聞いていた私はそれ以来、いつかご相伴にあやりたいと思っていたのでした。

ぶりは魚屋さんに部位の指定もしっかり「脂の多いとこを薄く切ってね」と注文なさるそうで、今回は鯛も用意してくださった。

「あなたは若いからブリの方が好きかもね。私はサッパリの鯛の方が近頃は良いの」と手際よくお鍋に箸を入れ、
「こうして食べるのよ」
「思っていらっしゃるほど若くないですけど」などと会話しながら、まずは教わった通りに、まず白髪ネギを鍋に入れブリをしゃぶしゃぶし、鍋の中でネギを巻いて、紅葉おろし入りのポン酢にちょっとつけていただいた。昆布だしがさっとブリに絡まって、お刺身では味わえないこくが出て後を引く美味しさ。〆はだし汁で日本そばをさっと湯がいていただいた。これがまた美味しかった。

それにしても4本もの白髪ネギを手で切ったりするのは大変だったことでしょう。すてきなテーブルセッティングでおもてなしいただき、久しぶりに大人な夜を過ごしました。

投稿者Okawa: 09:40 | コメント(4) | トラックバック(0)

January 15, 2009

寒ければ何か着なさい

真冬と真夏、その日の気温で一日が左右します。寒すぎるとか暑すぎるとか、過ぎる、は大変です。うちの小学生は登校前の天気予報と占いは毎朝欠かさずチェック。昨日より3℃低いとか高いとか、最低気温が何度だとか、熱心に見入る割りには、毎日同じ格好で出かけて行きます。ユニクロのヒートテックもご愛用。半ズボンの小学生をこの辺ではサッパリ見かけませんし、もちろんうちの小学生もお出かけ以外に半ズボンをはきません。今のうちに鍛えておいた方が良いと思うんですけどね。


室温が15℃を下回るか、高齢のお客様でも来ない限り、めったに暖房をつけないわが家。お陰でだれも風邪をひきませんから、これで良いのだと思っています。夜は家族寄り添って一緒に過ごせば、何となくそれなりに。年末の模様替えで、各自のパソコン環境を一カ所に集めたので、さらに家族間の距離が縮んだ。まもなく20歳になる長男は、「プ、プライバシーが…」などと言い、最初は抵抗しましたけど。このことは、いろんな意味で「エコ」なのだと小学生には教えてあります。


放映中のCSのDVDを頂いたので、新年会をかねてスタッフと鍋を囲みました。お正月にイワサキさんに教わった古漬けの野沢菜と豚ロースのお鍋。こどもには不人気の鍋料理。でも、大人は大勢集まるとやりたがるのです。部屋も温ったまりますから。でも、鍋が終わると、やはり寒くなるので、耐えられない人は上着をはおったり、膝掛けをかけたり。

寒くっても澄み渡る青空を見上げると、何となく元気になれる。1月生まれだからですかね。
今日の室温16℃なり。飲みかけのコーヒーがアイスコーヒーになるのも早いです。外は5.3℃。体感温度はもっと寒いそうな。

おまたせしました。冬の定番、チョコレートジンジャーケーキとギネス(黒ビール)ケーキ焼きました。

投稿者Okawa: 08:42 | コメント(4) | トラックバック(0)

January 8, 2009

体験レッスン

焼菓子工房SASSERは、おかげさまで3月で15周年を迎えます。サッセはホームメイドスタイルのお菓子や料理を「一緒に作って、みんなで食べましょう」という教室です。今月は、これまでお応えできずにいた体験レッスンのためのオープンクラスを作りました。

新春事始めとして、教室に参加してみませんか。特別なカリキュラムがないのでステップアップレッスンではありません。「即、お菓子作りの腕を上げたい!」という人にはあまり向いていないかもしれませんが、全くの初心者の方も、自己流で作ってきました、新しいお菓子も作ってみたい、という方、以前サッセの生徒だった、という方々もどうぞ。

日時:1月25日(日)Pm1:00〜3:00
場所:焼菓子工房サッセ
レッスン料:8400円
用意する物:エプロン、筆記用具

お申し込みやお問い合わせはこちらまで
※※体験レッスンは毎月受け付けていますので、この日の限りではありません。お申し込みが多い場合は、スケジュールの日程以外にクラスを作ることがあります。

生徒の皆さんへ
ジンジャーブレッドバスケットなどクリスマスレッスンアップしました。

投稿者Okawa: 09:11 | コメント(0) | トラックバック(0)

January 6, 2009

お年賀

スタッフだったスタイリストの椎名直子さんがお年始の挨拶に来てくれた。実家の長野県伊那市から松本まで足を伸ばして買いに行ったという、カワイイお菓子のお年賀をお持ちくだすった。

開運堂洋菓子部「パリの五月」の「白鳥の湖」というボルボローネ。
たまたま、ご近所友達も集まる中、一瞬にして話題をさらったお菓子はパッケージも可愛い、ホロッとして優しい口溶けが和菓子のようなクッキー。
新春早々みんなが笑顔になった一時でした。

投稿者Okawa: 11:31 | コメント(2) | トラックバック(0)

January 5, 2009

仕事始め

諏訪大社のおみくじで大吉!! 新年早々縁起良いスタートです。
本日からカフェは通常営業します。今年は12年目に入ります。
さぁて、今年最初のオーブンはアップルパイから焼きましょう。
シンプルなベイクドチーズケーキも焼きます。
25年も前のレシピです。これからは昔のレシピも引っ張り出してみようと思います。どうしてコレ今まで作らなかったのだろう、というお菓子がたくさんありますから。細く長く続けたい、そういつも考えています。
重ね重ね、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

蓼科の冬景色もお届けしましょう。

投稿者Okawa: 09:16 | コメント(0) | トラックバック(0)

January 1, 2009

賀正

新年明けましておめでとうございます。
今年は珍しく自宅におります。カフェと共にゆっくり休めるのはお正月だけ。自宅の大規模な模様替えに手をつけてしまい、年をまたいで大掃除中でもあります。思いがけず、除夜の鐘を撞けるチケットをいただき、カウントダウンは増上寺へ。新しい年の幕開けの瞬間を家族や親しい方々と迎えられたことはとても嬉しいこと。お寺において願い事は御法度だそうですが、良い年になってくれることを祈らずにはいられませんでした。

典美さんのお手製おせち料理をいただき、かなりお正月らしさを味わうことができました。毎年、何家族ものおせちを作る典美さんってすごいです。久しぶりでしたが、とっても豪華に進化して感動しました。惚れ惚れするふっくらな黒豆。ジューシーな鴨。すっかり今朝はごちそうになりました。お雑煮くらいは作りましたよ。うちは鶏ガラで出汁をとります。

ケアハウスにいる父のところへ行き、近くで一人暮らしをする叔母に会いに行き、夜は、宮殿の「新年祝賀の儀」に出されたお節料理を、ポーランド大使になったイガさんからいただき、スキヤキをつつき、新年の一歩目はつつがなく終了しました。

明日は蓼科へ友達の別荘に遊びに行きます。路面凍結が心配です。若葉マークの長男が運転するからです。スリル満点のドライブになることでしょう。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。良い年にしましょうね。
カフェは5日から営業します。どうぞどうぞお越しくださいな。

投稿者Okawa: 22:27 | コメント(0) | トラックバック(0)