a Piece of Cake お菓子 テリー 焼菓子工房SASSER LIFE MAGAZINE NEWS Tool 料理

February 23, 2009

「フランス菓子 シロヤ」再び

小倉出身の典美さんからお約束通りに、練乳パンを、そして小倉名物いわしのぬか床煮をお土産にいただきました。シロヤといえば先日オムレットをいただいたばかり。北九州に縁のない私としては、飛行機に乗り、海を渡って来たのかと思うと異国の味にさえ感じます。

典美さんイチ押しの「練乳パン」はバタロールの形をした固めのサッパリパン。焼く前に生地のヨコから絞り入れたであろう穴がある。練乳はあの練乳の味がして、それが生地に染みこんでいた。飾り気なく素朴でざっくりしていて、じわ〜と染みてくる練乳パン、美味しゅうございました。

本日、3ヶ月に一度の記念館は展示替えのため休館です。ア・ピース・オブ・ケークも臨時休業いたします。当日のお知らせでご迷惑をおかけいたします。

投稿者Okawa: 09:11 | コメント(0) | トラックバック(0)

February 20, 2009

教室始まります

今朝は雨でも明日は晴れ。それは教室だから、と思います。
お足元がよろしいようで何よりです。
今月はリクエストから「レモンスクエア」と「ブラウニー」です。
この2点の作り方に共通点有り。続きはレッスンで…。
ドリンクはホットな赤いぶどう酒などでございます。

投稿者Okawa: 09:48 | コメント(0) | トラックバック(0)

February 19, 2009

祝!まえだや10周年

中目黒にあるジンギスカン屋の「まえだや」が昨日10周年を迎えました。中目のジンギスカンブームの火付け役として先頭を歩いてきた女主人の前田さん。ジンギスカン屋とスイーツカフェを営む私たち。違いはあれどお互いの店が10年を迎えられるって、自分で言うのもなんですがすごいことなのです。こんなご時世ですしね。私達、キャラクターは違うのだけど、毎日店を開けることが普通だと考えているところは、似ているかもしれない。

お祝いに駆けつけてくれた常連さんや友達で小さな店は外にまで人が溢れ、遅くまで飲み交わしていた。乙女心いっぱいの店主のご希望により、イチゴをたっぷり使い、高さが10cmで45cmものバタークリームのスリーレイヤーケーキをプレゼントしました。バタークリームとアイシングでメッセージを描いてもらって、お祝いケーキは皆さんの手によって完成!

さて、まえだやの大セレモニー、次は25周年だそうです。私の教室は15周年でカフェ11年。そして息子が20歳と10歳。人の数だけいろいろあるのだわ。

まえだやさんに行ったことありますか?柔らかいラム肉なので、ちょっとミディアムくらいで焼くと美味しいですよ。そして、とっても人気のある1品メニューの「キーマカレー」がア・ピース・オブ・ケークのスペシャルメニューに加わることになりました!

仕込みは1から全て少人数で手作りしているので、かなり限定数の気まぐれメニューになりますが、どうぞご理解の程を。詳細が決まったらお知らせしますね。

投稿者Okawa: 10:24 | コメント(0) | トラックバック(0)

February 18, 2009

Spring has come

三寒四温の気温の変化であっても、塀の上で暮らすノラ猫と久しぶりに遇った。親しみを込めて近寄ったら、即座に逃げられました。
くしゃみをしようとしていた一瞬の隙を私に見つかったらしい。
私も猫も花粉症です。春ですね。今日もまだ寒いけど。
本日の室温18℃なり!先月に比べて2℃もup!
ヒヤシンスが咲きました。咲くとお辞儀をします。

投稿者Okawa: 07:35 | コメント(2) | トラックバック(0)

February 16, 2009

パソコン周り

今日からまた気温が下がるそうで、わが家は相も変わらず省エネとガマン大会を継続中。まだ家人も起きていないある早朝、テレビでUSBに繋ぐひざ掛けと加湿器とペットボトルの保温器などを紹介しいた。

夫の誕生日のプレゼントはコレ!とピンときた私は早速アマゾンを検索。意外に安くひざ掛けだけだと寂しいかな〜、と思っていたところ、温ったかスリッパも見つけた。いつも足が寒いと言っていたので、丁度良いセットができた。

誕生日が迫っていたから、見つからないように急ぎ気味に慣れないアマゾンで発注をした。そしたら、ひざ掛けをもう1枚、さらに肩掛けにもなるひざ掛けまでも注文して、入荷待ちをしていたのを今なって気づき、訂正のすべもなく、ちょっとガッカリ。長男の誕生日は7月だし…。

使い心地の感想は、あってもなくても…、と言いたそうですが、使ってみれば、まぁまぁ悪くない、って様子。ただし、両方使うにはUSBが4本も必要なので別のパソコンにも繋いだりしています。USBハブを買えばよいのだろうけど、そちらはひざ掛けよりもスリッパよりも値段が高く躊躇しています。来シーズンも必要とされるなら考えてみます。


投稿者Okawa: 10:46 | コメント(0) | トラックバック(0)

February 13, 2009

オムレット

北九州市の小倉にある「フランス菓子 シロヤ」のひと口サイズのオムレット。開けてびっくり、箱の中で3段重ねにすし詰めに入っていた。バタークリームを挟んだだけ。特筆すべき材料は使ってなさそうなのに、ただただ、美味しくって後を引く。1つ35円だそうです。20コ頂いて、家族とスタッフと友達に2つずつ分けて、それでも2コあまったので私が4コ食べました。

投稿者Okawa: 09:49 | コメント(2) | トラックバック(0)

February 12, 2009

恋のお手伝い

バレンタイン近し、今年は逆チョコがトレンドだそうですね。
私の場合はずっと前からですけど。14日が土曜日だから義理チョコなどは、なかったことに、なってしまう傾向にあるらしいですね。

乙女な友達のために、小さなハート型でストロベリーパウダーをたっぷり使ったチーズケーキを焼いてあげた。何十年かぶりで相合い傘まで描き、スイートでラブリーにLOVE度高く仕上げた。テーマカラーはピンク。カラフルなチョコスプレーからピンク色だけ選び出し、竹串でひとつ粒ずつ貼り付けたメッセージクッキーも作ったのです。

集中力の限界を超えるほどの細かな作業だった。本人は、傍らで「きゃぁー、モザイクみたいでカワイイー」ってお天気に喜び彼の元へ…。恋のお相手のお誕生日だった昨日。どうなったのかな〜、上手くいったのかな〜、と一人で気をもんでいます。

特にバレンタインとしてのご用意はありませんが、チョコレートジンジャーケーキ、チョコレートマーブルチーズケーキやチョコレートクッキーなどあります。今日は、久しぶりにブラウニーを焼こうと思います。

投稿者Okawa: 09:33 | コメント(0) | トラックバック(0)

February 9, 2009

異国のかおり

典美さんが無事に長旅から帰ってきました。典美さん特製みぞれ鍋をよばれながら、お土産話で未知の国、旅する気分になりました。それにしても、日本からアルゼンチン、あまりに遠い。お土産にアルゼンチン織物のストールや、バハマといえばラムでマリネードラムケーキを頂きました。あー、外国の匂い。本物の旅がしたーい!

投稿者Okawa: 12:06 | コメント(0) | トラックバック(0)

February 8, 2009

冬に水羊かん

新婚の生徒さんから頂いた福井県の水羊かん。「ぺろっといけちゃいますから。」とのことで2箱もいただいた。「味で一番」と自信満々。味は、でも、味が、でもなく、味で一番。意味深な言い回しがおもしろい。ふたを開けるとシート状の水ようかん。さっぱりとした装丁は潔い。冬でも水羊かん、な気分が盛り上がってきた。

たまたま、夫の誕生日。日頃コレステロールを気にしている夫のバースデーケーキは、メレンゲで作る「エンゼルフードケーキ」と決まっている。だけど、カフェが忙しくなかなか準備が出来なかった。そこにいただいた水羊かんはバースデーケーキになったのでした。

投稿者Okawa: 11:25 | コメント(4) | トラックバック(0)

February 4, 2009

豆まき

青鬼さん・赤鬼さん、青山表参道商店会のみなさんが、今年も豆まきにやって来ました。
残念なことに記念館の休館日。ギャラリーなく、いつものように威勢良く爆発できず、一応って感じで豆をまき、さっさと帰って行きました。ご苦労様でした。
立春ですね。

投稿者Okawa: 10:26 | コメント(0) | トラックバック(0)

February 2, 2009

干しいも

日立市でカフェを開いた生徒さんが、教室中に「地元では干しいもが今や大流行なんですよ」と話してくれた矢先、友達が実家から取り寄せたという、茨城特産の干しいもを届けてくれた。

子どもの頃は興味の無かった干しいも。地味なおやつにガッカリしていた。ところがこんなに美味しいとはびっくり。年のせいですかしら。干しいも好きのスタッフのミキちゃんがコンビニでよく買ってくるのとは大違い。

オーブントースターで4分ほどで丁度良く焼き上がる。香ばしくて、所々サクッとして、中ほどはねちっとして、品のある甘み。ほうじ茶がピッタリ。ほんとに美味しいのです。

この前も、ジモンさんから、ただ蒸かすだけで、ねっとりと甘いサツマイモを頂いた。まるで、スイートポテト。

先日の親戚の集まった新年会では、瀬戸田みかん、ポンカン、いちごのあまおう、メロンなどなど、やや高価な果物がデザートだった。「フルーツの方が良いわね。ケーキなんかいらないわね」ケーキなんかいらない…、はっきりとそういわれて「そうね」と声に出しては言い難かった。でも、確かにそうかも、と思うこともあります。

投稿者Okawa: 08:07 | コメント(2) | トラックバック(0)