a Piece of Cake お菓子 テリー 焼菓子工房SASSER LIFE MAGAZINE NEWS Tool 料理

March 31, 2009

紅白クッキー饅頭

焼菓子工房SASSERの15周年の内祝いにと、紅白クッキーを作りました。ベイクトレーに焼き印を押し、のしをかけ1つずつ仕上げました。

本来なら、紅白饅頭を和菓子屋さんにお願いするところ、シャレでジョーダンでお遊びで、作ってみようかなと思いつき、当初の構想よりどんどんお調子に乗り、あんこを忍ばせたり、桜の花漬けの上にアイシングをかけたりしたら、まるで本物のお饅頭みたいにできちゃったわ、と自画自賛いたしました。

皆さんのおかげで続けることができました。ありがとうございます。
5月は三軒茶屋の輸入食材を扱うキッチンガーデンさんをお招きするスペシャルレッスンやオーバーナイトパーティーなども企画しています。今後ともお教室をよろしくお願いいたします!

投稿者Okawa: 13:19 | コメント(4) | トラックバック(0)

March 27, 2009

教室始まります。

SASSER15周年特別企画!につき、ちょっぴりお祝いムード。
ヴィクトリアケーキと小さな焼き菓子を楽しくデコレーションしてお持ち帰りします。いつもよりお持ち帰りの箱が大きくなりますので、教室後に予定のある方はご了承ください。

このところのSASSERに欠かせなくなってしまったワイン、
ワインにはとてもこだわりのある大田区東六郷のもりたやさんに伺い、お勧めワインを教えて頂きました。

3月も残りわずかという最終週ですが、お忘れのないようにお集まりくださいね。

※今月に限り、月曜AMクラスお休みします。

投稿者Okawa: 09:41 | コメント(2) | トラックバック(0)

March 25, 2009

兄弟バス

1週間ほど前、ふとした思いつきで次男に聞いてみました。
「ねぇ、金と銀、今でも行ってみたい?」
春休み突入と同時、兄弟は京都へ2泊3日の旅に出ました。
予算はまだ手にしていない家族全員分の定額給付金、56,000円也。

当然、新幹線は却下となり、深夜バスとユースホステルのほか選択肢はない。弟の目的地は2年越しに夢見てきた金閣寺と銀閣寺。京都に親戚はおりませんので、初の兄弟旅行。
全行程4泊5日は、さぞかしの珍道中になること間違いなし。

頼れるはお兄ちゃんのみ。しかし、そのお兄ちゃんがそそっかしい。

次男たっての願い、まえだやのロースとジンギスカンでお腹一杯して、いざ出動。
出発30分前、丸の内に向う皇居前を走る車中で忘れ物発覚。
「あっ財布、忘れた!」万が一のことがあったら、銀行に振り込むから、とキャッシュカードを持つようにと言っておいた。
必要経費は、封筒に小分けにして持っていたので、お金に関してはどうにかセーフ。あ〜あ、早速やってくれた。やっぱり前途多難だ。

少しずつ弟の顔色が、兄への不安と眠気のせいで白っぽくなっていたのを、母は見逃さなかった…。とはいえ、学生証、保険証、運転免許など、身分証明を持たず、不安要素が増えたサバイバル旅行。
無事に元気で、色んな思い出を持って帰ってきておくれと祈りつつ、23時発JR青春ドリーム京都81号の兄弟バスを見送った。

さてと親は羽でも伸ばして…、っていきたいところだけど、今週はけっこう忙しいので仕事に集中しまっす。

投稿者Okawa: 08:34 | コメント(0) | トラックバック(0)

March 23, 2009

春クッキー

ローズマリークッキーを焼きました。
冬季限定のココアパウダーをまぶしたブラックペッパークッキーと入れ替えに新登場です。

ほんのり若草色に焼き上がり、口の中でローズマリーが爽やかに香ります。
大人気の仏産カマルグの塩を使ったソルトクッキーをアレンジしたので、すこしソルティー。

そこで、種子島の洗双糖を一粒ずつまぶして、ローズマリーの葉を同じく丁寧に一粒ずつに飾って焼きました。洗双糖が溶けて香ばしくなったところやジャリッという食感が味わえることになりました。

「あと引く美味しさね」とご近所の方々に好評をいただきました。
お見かけしましたら、どうぞお試しください。本日新発売です。
ご来店お待ちしています。

投稿者Okawa: 10:41 | コメント(2) | トラックバック(0)

March 19, 2009

ナチュラル・マーマレード

今年も典美さんお手製のマーマレードをいただきました。
お隣のお宅あってのマーマレード、その年によって実りの量も違えば、ジャムの味も変わります。少々焦げるくらいに薄切りのイギリスパンをトーストし、バターを塗った上にマーマレード、という組み合わせが大好き。
今年はちょっとゆるめだったので、トーストにのせて食べるときは、こぼさないように顔を斜めにして口を開け、一たれたりともお皿にこぼさないようにいただきます。ごちそうさま!

ラッピングされたオレンジ色の防菌防虫なし用、と印刷された袋、きっとリサイクルでしょう。ビンも食べ終わったらお返ししましょう。これがエコというもの。来年もおまちしております!

投稿者Okawa: 10:51 | コメント(0) | トラックバック(0)

March 15, 2009

春うらら

やっとお天気になって、ちょっとだけ肩こりが和らいだようです。掃除に洗濯にとお忙しい人が多いのか、記念館、カフェは午後になってから人出があった日曜晴れでした。

川崎大師そばのケアハウスで暮らしている父のもとへ、家族揃って誕生日のお祝いに行きました。昨年の肺炎の入院以来、車いす生活になってしまった父は83歳。
「いつの間にそんな年になったんだろう。まだまだ若いつもりなんだけどなぁ」と強がるお決まりのセリフです。

次男が書いたバースデーカード、親しい家族と一緒に撮った記念写真などを渡すとうれし涙を流した。このごろ、すぐに泣きます。私の顔を見た瞬間、まず泣きます。車で高速に乗ればすぐだから、という理由で決めたケアハウス。見知らぬ土地だけど、私が通いやすいように、と決めた場所でした。ごめん、親不孝で。このところ、忙しくて…、って言い訳をすると、決まって笑顔でうなずきます。認知症の症状が進んでいるので、今、この時間が全て、の父です。

あまりにお天気が良かったので、歩いて15分ほどの川崎大師までお散歩に出かけました。長男が赤ちゃんの頃は父がベビーカーを押し、その長男が二十歳になり、おじいちゃんの車いすを押して歩いている。想像をしていなかった光景がここにありました。

バースデーやホワイトデーのカードなど、お祝いカードといえば次男の出番。ホワイトデーのチョコレートをカフェに届けてくれた。スタッフから、誕生日プレゼントのマグカップをもらい、照れる次男でした。お天気が良くなって、気持ちが軽くなったのは私だけではなかったでしょう。しばらくお天気続くそうですね。

投稿者Okawa: 11:05 | コメント(2) | トラックバック(0)

March 13, 2009

ホワイトデー

長男の小・中・高校と欠かさずホワイトデーのお返しを手伝ってきたが、今年は無い。小学生の次男の方も、もらってきた兆しは…無い。ここにも不況の波が現れたのかな?いや、単にモテないだけだね。
がんばれ、うちの男子!

長男の友達は毎年40個もチョコレートをもらっていたので、私も手伝い、手作りケーキをお返ししていた。今年もその日程の相談があると思いきや、「今年はそんなにもらってないんで、まとめてお茶に行くことにします」だった。

バレンタインやホワイトデー、今年は日取りが悪く、景気に繋がらないとのこと。週末のお天気も春の嵐が予想されてますね。
本日の主な仕込みはクッキーです。
チョコレートクラックルクッキーを焼きましたら、ピスタチオとクランベリーの白いクッキーも仕上げます。よろしかったら、どうぞお使いください。


投稿者Okawa: 10:27 | コメント(0) | トラックバック(0)

March 10, 2009

ひと口ケーキ

またまたよくある、直前によるパーティーケーキのオーダーをいただいた。個展の準備でばたばたの中、「あっ!忘れてた…どうしましょう」と一番最後になってしまうのがFOOD&DRINK。そりゃそうでしょう。作品製作や会場の手配やDMの作成とか、やらなくてはならないことは、開催間際には細々したことが、分刻みでやってくるのでしょうね。持つべき物は友達ですから、そんな時に思い出してくれたのは嬉しい限り。

小声で控えめに「100個位いい?もちろん、お菓子は全て、お任せするから」と電話があった。が、翌日には「あのさ、あの時食べたカップケーキみたいなのもいいな、カワイイのもよろしくね」とリクエストが入った。それでも、「あっ、でも、任せるから」って、また、言ってました。やっと、フードのことも考えられる状況になったのでしょうね。

オーダーよりもはるかに多く250ピースのお菓子を作りました。新作は無理だけど、いつものお菓子の形を変えて一口大にカットして超ミニサイズです。根気のいる仕事でしたけど、シャンパンやワインとつまんでいるゲストの姿を想像すればとても楽しかった。

無理難題ほど頑張れて、新しい物が生まれるのです。作品からするともう少し鮮麗されたお菓子の方がお似合いなと思いましたが、どちらも手作り同志ということで。
とにもかくにも、個展の成功をお祈りいたします。

ヤマシタリョウ めがね展
期間:3月10日〜19日
Gallery 蓮 Ren
〒104 東京都渋谷区神宮前2丁目5番6号 1階
TEL:03-3796-6701 FAX:03-3796-6701

本日17時から21時 レセプションパーティー
眼鏡大好きな方、お時間のある方、お近くの方、
ご興味ある方はぜひどうぞ。

投稿者Okawa: 09:05 | コメント(4) | トラックバック(0)

March 9, 2009

サンバ♪サンキュー

何の意味か分かります?
3月8日はサンバ、9日がサンキューの意味です。
私の回りは、意外にも早生まれが多い。


週末は、友達の娘5歳のバースデーケーキを作りました。かれこれ、生まれたときから毎年作っている。お姫様ドレスに身を包み、2日間に分けてパーティーをするほどモテお姫ちゃんのようだ。そのママの誕生日は6日だったそうで、いっそ一緒にやればいいのに。と思いましたが、それだけは、お互いに女としてイヤなんですと。乙女心とはそんなものでしょうか。

受け取りに来た父親が「どうせなら、サンバでねらってたんですけね。日付越えちゃって9日になっちゃったんですよ」と。だけど私の知り合いはサンキュー生まれの日をとても気に入ってますヨ。出産の日なんてそう簡単に、思い通りにはいかないものです。

次男は3月3日が予定日だったけど、1週間早めてカフェの定休日(1999年2月23日)に生まれてくれた。親思いな子だと周りの人から賞賛されておりましたが、私はぞろ目生まれを密かに期待してましたけどね。

投稿者Okawa: 10:20 | コメント(0) | トラックバック(0)

March 8, 2009

バターケーキの長崎堂

広島県にある長崎堂のバターケーキは地元の人でさえなかなか買えないと聞きます。以前に典美さんからも頂いたことがありました。
感動再び、今回は、知り合いのCM 監督の今村直樹さんがロケの合間に求めて届けてくださった。

監督は、あるCMのため、九州から北海道まで撮影しながら移動しています。ご本人は、まるでどさ回り、だとおっしゃっています。撮影という体力仕事とはいえ、ご当地旨いもの情報を直に触れているわけですから、うらやましいな〜とも思うのです。

ロケの合間にちょっと東京に帰ってきて、お土産もって来てくださって、またすぐに次のロケ現場へ。次のロケ先はどこでしょーか。
って、それはつまり…、次のお土産の期待ですけど!

長崎堂は創業50年。一見すると和菓子屋さん風の店構えのようですが、今はこのバターケーキ1本で商売をしているそうです。大中小の3種類のみ。実にシンプルなケーキは、カステーラの製法を研究したとあって、とてもしっとりとしていてます。手でちぎって食べたい衝動をこらえて、お皿に取り分けて頂くといたします。今日は、スタッフのミキちゃんの誕生日ですから、バースデーケーキになるのです。

投稿者Okawa: 11:27 | コメント(4) | トラックバック(0)

March 6, 2009

ヌーヴォーの季節

冷たい雨で始まった金曜日の朝。ダウンジャケットのポケットに両手を突っ込み、肩をすくめて出て行く息子を「ガンバレ」と小さく励ましました。

昨日の晴れ間がウソのよう。カフェでは12歳を祝うお誕生日会などもあり、賑やかな一日でした。6年生は長かった小学校を卒業し、晴れてティーンエイジに向かう思春期。乙女というには、まだ一寸早いかなって感じでしたけど、ウチにも娘がいたら…、と時々想像することがあります。

寒くっても春。「新物」の季節です。つい最近、新ワカメのしゃぶしゃぶを食べました。レモンの入ったお湯にしゃぶしゃぶすると鮮やかな緑色になるのですヨ。土佐酢でいただきます。

そして、佐賀出身の友達からいただいた新物の佐賀のり。あるフランス人のシェフにお裾分けする際、ヌーヴォーです、と言ってみたら、通じました。フランス語はさっぱり…ですから。ワインの時にしか使ったことのない単語です。

一緒に頂いた唐津名物の松露饅頭。まん丸の茶饅頭です。たこ焼きのようです。先日、ホテルレストランショーという展示会で、踊るたこ焼き器(返すことなく、たこ焼き焼き上がる機械)というのを見たので直ぐに連想しました。

投稿者Okawa: 10:39 | コメント(0) | トラックバック(0)

March 4, 2009

なんとかの霍乱

何とかの中に入る文字は間違いなく「鬼」。それは私のことです。
室温16℃でも風邪なんかひきません!と豪語しておりましたが、とうとう、風邪でダウンです。

先週自宅に帰ると、部屋がほんのり温かった。オイルヒーターがついていたからです。聞けば寒がり長男の懇願に負けたとのこと。
そして、その翌日の先週末、次男が発熱し、つられて私までも。
現在、室温20℃をキープしているわが家です。

それにしても、体調が悪いと全てが停止しますね。
発熱の中、整体に行ってはみるものの状態はやや悪化の方向へ。
翌日もカフェに出るもののまるで浮遊霊。
どうにか私はキューピーコーワゴールドと禁酒で回復傾向です。

昨日は思い切って、国際食品、飲料展のフーデックスにまで行ってきました。
次男はようやく今日から学校へ。仲良くダウンした私たちを、未だにへその緒で繋がっているんだね〜、と家族は私たちを温かく優しくしてくれました。たまには、風邪で寝込むのもいいものです。

10歳になったばかりの次男の誕生日会、教室や風邪でちゃんとやってあげていなかった。2桁代になった記念の誕生日だったのに。
早く元気になって美味しいものでも作ってあげましょう。

庭の梅は見頃を迎える前に雨風で散ってしまいました。桃はまだ目にしていませんけど、ご近所では椿が満開です。立春から1ヶ月。
まだお天気ぐずつきそうですってね。花粉症だけがしっかり「今は春」だと主張しています。季節の変わり目ですね。

投稿者Okawa: 08:44 | コメント(2) | トラックバック(0)