a Piece of Cake お菓子 テリー 焼菓子工房SASSER LIFE MAGAZINE NEWS Tool 料理

2009年04月11日

ホット ファッジ ブラウニー サンデー

カフェでオープン以来使っているフィエスタという食器。
1936年に発売されてから、約70年も作り続けられているmade in USA。「おばあちゃんの家で使っているのよ」というアメリカ人のお客様がいました。日本に代理店ができたというので、ケーキ用のお皿などを少し買い足しました。

まえだやのキーマカレーも平日限定で始めたこともあり、リムのあるスープ皿。何度か使っていくうちに、思いついたこの長い名前のデザート。簡単にいうと、温かいチョコレートソースとブラウニー、アイスクリームとホイップクリーム、ナッツ、コンポートがお皿の中で1つになるデザートのことです。

ラムレーズンとローストココナッツのブラウニーはチョコレートとカカオたっぷりでビター。そして、ココアをゆっくり練って作るキャラメルチョコレートソース。どちらも温かく、アイスクリームもホイップクリームもほどよく溶けて、お口の中で冷たいと温かいが味わえるのです。

スペルは違うけど、昔々のアメリカで、ある日曜日に発売したからサンデー。
ん?明日はSunday・・・。
Hot Fudge Brownie Sundaeぜひお試しください!

投稿者Okawa:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.sasser.ac/MT/mt-tb.cgi/373

コメント

日曜日に発売したからサンデーっていう名前がついたのですね!大川先生が、Sweet&Sweetで、アメリカのお菓子は名前がユニークっておっしゃってたことを思い出しました。
だいぶ前になるのですが、タルトタタンを作りました。紅玉は大阪はほんとに手に入りにくくて、ふじで作りました。(うちの近所だけかもしれないですが・・・)大川先生が作られてた通りにできるだけ忠実にがんばって挑戦したら、りんごはほんとに美味しくできました!
ただ、キャラメルでパイ生地がびちゃびちゃになってしまったんです。それはそれで美味しかったのですが、本来のパイのあのサクッとした状態のままで焼きあげるコツとかってありますか?
大川先生のお菓子は、ほんとに素敵です!

投稿者 keiko : 2009年04月13日 12:46

パイサクッは焼き時間を長くしてみてください。
紅玉はさすがに底をついたようですよ。
ア・ピース・オブ・ケークも最後のひと切れまでオーダーが入って、
昨日でタルトタタンは終わったところです。
秋が来るまでしばしお休みです。

投稿者 sasser+ : 2009年04月14日 10:07

はなまるマーケット拝見しました。
録画して長女にも見せました。当然、’ぎゃ~’と騒いでいましたよ。

新作のホットファッジサンデーはものすごくおいしそうですね。
どうしてああいうお菓子が世に出回らないのか…
もう、カロリーなんてどうでもいい!という気分になりますね。

今日にでも伺って堪能したいです。でも、平日だとキーマカレーもあるとのこと。
魅力的!悩むわ~
パンケーキミックス購入がてら、ちかじかお邪魔しますね。

投稿者 雨倉 : 2009年04月18日 08:54

キーマカレーのあとに甘いものが欲しくなるという方が多いです。
ですから、思い切って両方いっぺんに食べに来てください。
ブラウニーサンデーは昭和っぽくサクランボ(缶詰)を飾ることにしましたー!
いかが?

投稿者 sasser+ : 2009年04月18日 22:38




ログイン情報を記憶しますか?

(スタイル用のHTMLタグが使えます)