a Piece of Cake お菓子 テリー 焼菓子工房SASSER LIFE MAGAZINE NEWS Tool 料理

2009年09月19日

シルバーウィーク

秋風が立ち始めてそろそろ焼き菓子の気分ではありませんか?
9月の教室でも発酵バターを使ったマドレーヌやフィナンシェ、作りたてのフレッシュバターを「陸介のぱん」につけたりと、バター度の高いレッスンでした。
教室が終わってすぐ、シルバーウイークに向けてカフェのお菓子の仕込みなど頑張りました。ちょっと腰がイテテです…。

ではシルバーウイーク限定の、新しいお菓子「プルーンバターケーキ」をご紹介します。
といってもただプルーンが刻んで入っているのではなく、自家製プルーンエキス入りです。付け合わせ用(箸休めの気持ち)に作っている、紅茶で煮たプルーンコンポートの副産物から作りました。

1ヶ月ほど漬け込んでおくので、コンポートの煮汁はまろやかになりそれでいて深い味が出ています。その紅茶液をゆっくりゆっくり煮詰めていって濃厚なエキスを作りました。ちょっぴりしか作れないので、まずは2ホール分。

材料には発酵バターと同量のブラウンシュガー、アーモンドプードルなど材料を厳選し、バントパンという大好きな型で焼きました。全体に柔らかな酸味とこくのある甘みで美味しく焼き上がりました。じっくり焼いて寝かせてしっとりさせて、今週が食べ頃です。

丁寧に作ってゆっくり味わっていただく、そんな焼き菓子をこの秋はいくつか作りたいと考えています。

週末には栃木県の果樹園からぶどうが届く予定です。今年もそろそろ葡萄ジュース始めます!

青山方面にお越しの際はWelcome! a Piece of Cake!


投稿者Okawa:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.sasser.ac/MT/mt-tb.cgi/417

コメント




ログイン情報を記憶しますか?

(スタイル用のHTMLタグが使えます)