a Piece of Cake お菓子 テリー 焼菓子工房SASSER LIFE MAGAZINE NEWS Tool 料理

2009年10月28日

Homemade

「はい、今年のね」と、手作りのジャムをいただく嬉しさったら、
言葉に代えがたくとにかく嬉しくって。もったいなくてすぐには食べられなくて、だから、大切に食べようといつも思う。

ジャムやコンポートを作るためにはかなり多めの果物が必要。
大量の果物を前に張り切る人はジャムを作りたくなる、ということが身近な人たちへのアンケートでわかりました。
ジャムを煮ている時の穏やかな気持ちになる前、一度エキサイトするという訳です。
私も箱で届くりんごを前に仕込みの手が止まらないこのごろです。

イワサキさんから蓼科のお土産で洋梨をたくさんいただきました。
スパイシーな赤ワイン煮を作ります。(99年の教室レシピ)
漬けておいたシロップは思わぬ副産物に。
サングリアのようだし、シャーベットにもなるし、煮詰めてソース煮もなりますしね。
今日はカフェ、良〜い香りが漂うことと思います。

そうそう、ホームメイドといえばもうひとつ。
前から気になっていたインターナショナル キュイジーヌの
「ルエノ スガワラ」へ。
カリフォルニア・キュイジーヌの第一人者として知られた菅原健二シェフの、さまざまテイストを組み合わせた料理がとてもおいしかったです。調味料も全てホームメイドだということは、
いただいたら、すぐわかります。
シェフ一人で全てをこなしています。
そこもすごい!と感動したのでした。


投稿者Okawa:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.sasser.ac/MT/mt-tb.cgi/434

コメント




ログイン情報を記憶しますか?

(スタイル用のHTMLタグが使えます)