a Piece of Cake お菓子 テリー 焼菓子工房SASSER LIFE MAGAZINE NEWS Tool 料理

2009年10月18日

田田おにぎり、あり〼

お待ちかねの新米の季節ですね。
なんと、カフェでは先週から「おにぎり」のテイクアウトをはじめています。
代官山おにぎり田田」より毎朝、
炊きたて,にぎりたてが届きます。
3個入り630円。

竹の皮で包んであるので、
時間が経ってもしっとりとしていて、
美味しさが長持ちです。
おにぎりの具は、鮭、五代梅、すじこ、じゃこ、油揚げなどなど、
週代わりなので中身はお楽しみに。

鉄の羽釜で焼き上げた新米を手で一つ一つにぎる適当な具合が良いんです。口に運ぶときに崩れることなく、固すぎず。
田田おにぎりの信条ですから。

包みの竹の皮は、ポイするなかれ。
乾いてしまった竹の皮はくるりと丸まります。
また使うときにぬるま湯につけて乾いた布巾で水気を拭き取ってお使いくだされば竹の皮も喜びます。
ひもは端っこをさいてむすび用にします。

または、お料理にもお使いになれます。
小さく切って、お弁当の仕切りや盛りつけなどに。
魚の煮付けにをするときに鍋の底にしけば、取り出しやすく魚の皮も痛みません。 
うちでは、サバの味噌煮やイワシの梅干し煮などにさっそく重宝しています。

新米おにぎり、いかがですか?

投稿者Okawa:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.sasser.ac/MT/mt-tb.cgi/431

コメント




ログイン情報を記憶しますか?

(スタイル用のHTMLタグが使えます)