a Piece of Cake お菓子 テリー 焼菓子工房SASSER LIFE MAGAZINE NEWS Tool 料理

January 28, 2010

ちょうどになりました。

私事ながら今週はバースデー週間です。イワサキさんからのプレゼントで、8週間も熟成させたいろいろな部位のお肉をたっぷりいただきました。今村監督からは「半世紀を生きてきたことになるね」とお祝いの言葉もいただきました。

次男だけは私が年をとるのを好ましくないようで、学校の友達と同じに母親は若い方が良い、と思っているみたいです。
ゴメンね。としか言いようがありません。

干しいもやお肉や卵そして卵、浅野シェフからは、たらこやすじこ、中辛の鮭など青森から直送していただいたり、鹿児島の焼酎を一升瓶でいただくなど、お誕生日プレゼントとしてはだいぶ渋いお品の数々を沢山いただきました。

土器典美さんからは、ストールとハンカチと卵を。
そして、今発売中のKu:Nel。(典美さんの「ただいま食事中」という記事にa Piece of Cakeが2カ所も!)巻物好きな私としてはとっても嬉しく、夏にも直島へ行かれたときに草間弥生デザインの日本手ぬぐいをお土産にいただきました。こちらはジムでいつも首に巻いて筋トレに励んでいます。

買い忘れたキャンドルは「6」を「5」に補修して、スタッフの麻里ちゃんとハギくんチームが早出をして焼いてくれた恒例のバースデーケーキでお開きとなりました。
そんなこんなでお誕生日会は後夜祭へと続きます。
そうだわ!「夫婦50割引」でアバターでも観に行ってみようかしら。


SASSERでは新しいレッスンクラスの説明会を
2月13日(土)午後1時〜行います。
尚、パンフレットの送付や説明会に参加をご希望の方は
パンフレット希望と書いて送信してください。

投稿者Okawa: 10:09 | コメント(0) | トラックバック(0)

January 26, 2010

干しいも

子どもの頃、母が火鉢であぶったり、その後はストーブ上にやかんの脇に乗っけていたり、そして、キッチンのガスコンロであぶったりするのを見て食べて育ちました。

その頃は、こんな地味なおやつはつまらないわぁ〜と思っていたし、そんなにおいしいとも思わなかったから、いわば母へのおつきあいでしぶしぶ食べていたので、大人になっても自ら干しいもを買おうとは思ってませんでした。

昨今、茨城産の干しいもを口にしてからは、家族みんなも目がなく、普段は何を頼んでも面倒くさがる息子達も、干しいもだけは喜んでオーブントースターで焼いてくれます。干しいも片手にお茶飲んで家族団らんは我が家の冬の風物詩ともいえるほど。

今年は3キロもの干し芋をスタイリストの椎名直子さんからいただいきました。S社編集部の人たちと産地まで行って何十キロも買い付けてきたそうです。
ごちそうさま!周りの皆さんにも少しずつお裾分けしたよ。

SASSERでは新しいレッスンクラスの説明会を
2月13日(土)午後1時〜行います。
尚、パンフレットの送付や説明会に参加をご希望の方はレッスン申し込み書のフォームへパンフレット希望と書いて送信してください。

投稿者Okawa: 08:32 | コメント(0) | トラックバック(0)

January 22, 2010

教室始まります。

大寒なのに暖かく、そしてまたすぐに寒くなり、まるでジェットコースターお天気の今日このごろ。
今年最初の教室です。

選びましたメニューは
「チョコレートマーブルタルト」と
十八番レシピ「クリームチーズinチョコレートボックス」。
どちらも食べたい、作りたい、教えたい、と3拍子揃ったお菓子から2010年を始めます。
バレンタインデーにお役に立てれば、とも思います。

お知らせ:SASSERでは、「カリフォルニア料理」「ペルシャ料理」そして、サッセのアーカイブレシピをレッスンする「ベーシッククラス」など3月から新しくスタートするクラスを計画中です。

説明会を2月13日(土)に行う予定がありまして、詳しくはHPとパンフレットができ次第すぐにご案内いたします。
尚、パンフレットの送付をご希望の方はレッスン申し込み書のフォームへパンフレット希望と書いて送信してください。

今年もSASSERをよろしくお願いいたします。

投稿者Okawa: 20:36 | コメント(0) | トラックバック(0)

January 20, 2010

夕食の下ごしらえ

今年の目標は夕食はなるべく家で家族と食べることにしたので、支度は朝のうちにしておく。ということにして、いまのところは快調にその約束を守っています。
そうそう、火曜日は「清水湯」に行くも同じです。

昨年はカフェを年中無休で営業したのですが、今年は火曜日不定休ということにして、少し自分の時間を作るようにいたしました。

で、夕食のことですけど、
昨夜は、サラダオイルとバターでソテーしたりんごを豚の薄切りで巻いて、たこ糸で結んで焼き、フォンドボーと白ワインと生クリームとバターなどで作ったソースをかける。というメニューでした。

新しく始める教室の打ち合わせに来ていた、アシスタントもしていたこともある真貴ちゃんに話して、そんな事するんですかー?と驚かれました。よく考えていただければ、たいした事ではないんだけど。

ただ、りんごをソテーして巻くだけよ。と力を込めて話しましたが、彼女は帰り際に「今夜は東急フードショーで」と子どもらの待つ自宅へを帰って行きました。
まぁ、それも、時に良いよね。

さて、今朝はふろふき大根を煮る傍ら、大根の皮できんぴらを作り、トマトの皮を湯むきしてマリネしておいた。メインは唐揚げかな…。
今朝、一昨日の中辛のポークカレーを次男がヒーヒー言いながらもガンバって食べていたから、今夜は彼の好物にしてあげます。

投稿者Okawa: 09:33 | コメント(0) | トラックバック(0)

January 12, 2010

南青山♨清水湯

今日みたいな寒い日は「清水湯」で、からだをほかほかにするに限ります。「じゃ、1時間くらいね」と男湯チームと分かれて、のびのびお風呂につかりました。やっぱり大きいお風呂はたまりませんわ〜。

炭酸ガスのシルク風呂は38℃のぬるま湯。お肌が、すべすべ、つるつる、ぷるぷる、になるんです。ゆっくりつかっていると時間を忘れそうなほど。

案の定、男子チームは先に上がってました。風呂上がりのビールはやっぱりウマイ!?(車なので0.00%)ソフトクリームを片手に嬉しそうな子ども達は、絵に描いたようにほっぺが火照って真っ赤か。

ちょっとの間うちで預かっている友達の娘(小6)にとっては,
初銭湯。公衆浴場のマナーなんかを教えたりしまして、感激の銭湯デビューを果たし、お嬢さんと二人で女湯を大満喫しました。
この冬は鍋よりも熱燗よりも銭湯かも。

投稿者Okawa: 21:42 | コメント(0) | トラックバック(0)

January 8, 2010

七草

7日の昨日、下北沢の「七草」でまさに七草がゆをいただいて、お正月料理を締めました。ここらでお正月気分もはずさないと。
今日から3学期も始まりましたし。

「七草」の前沢リカさん。
なかなか予約が取れなかったので、久しぶりにお目にかかりました。前沢さん、開口一番「あっ、天然生活でご一緒でしたね」と。
(2月号で前沢さんは干し野菜を、私はお菓子十八番レシピを。)

ほぼ一人でお店を切り盛りされ、さらに雑誌の連載や撮影のお仕事などもしています。開店当初、知り合いの編集者の方に連れて行っていただきました。
そのころ、女性が板前というお店に縁がなかったのもあるけれど、野菜や乾物が主な材料の料理、お皿の数やちょうどいい接客に、なんて居心地の良いお店なのだろうと感心しました。

新年早々のおめでたいことに、前沢さんの2冊目となる著書「うちの乾物料理」(高橋書店)が七草の日に出版されました。
つい一昨日、
子どもたちの好きな高野豆腐をお鍋いっぱい炊いたばかり。
今度は前沢さんの本のレシピで作ってみます。


乾物とはいえ和食ばかりでなく、ドライトマトやドライフルーツを使ったレシピも紹介されています。「ドライトマトとごぼうのコンフィ」早速作ってみたいと思います。

「七草」でお酒もほどほどいただいて、タクシーに乗ろうかと迷ったけれど井の頭線で渋谷へ。ところが電車にして大正解。太郎さんの「明日の神話」に遭遇。終電を急ぐ人たちの中で思わず足が止まりました。7日は太郎さんの14回目の命日でした。会えて良かった。

お知らせ:サッセ16周年でもある3月吉日に、前沢さんをお招きしてサッセプライベートレッスンを予定しています!

投稿者Okawa: 09:20 | コメント(0) | トラックバック(0)

January 6, 2010

今年から…

明けましておめでとうございます。

昨日からカフェを開け、少しずつお菓子の仕込みを始めました。
新年最初のお菓子はアップルパイ。パイ生地を伸ばすのは気持ちが引き締まります。

お正月休みは、皆さん揃って寅年生まれの義父、叔母、父たちのもとへ。年を取り、前以上に必要とされているのを感じたこの頃でした。これからもっと、私たちの出番は増える事でしょう。

そして今年もルーシー&ハンナパパの蓼科の別荘にお招きいただきました。高速料金が安いとはこのことかとばかりに、名古屋から蓼科へ1日で移動するようなスケジュールの立て方は、今年になっても健在で、短い間も欲張りなお休みをいただきました。

テレビもいっぱい観ました。「さんま・玉緒のお年玉あんたの夢をかなえたろかスペシャル」でソフトボールの上野選手の言葉にジンときたり、少し嫌がる長男も誘って家族で「カールじいさんの空飛ぶ家」を、小5の次男も一緒にDVDで「INTO THE WILD」を観て、家族とかチームワークとか人間関係の大切さを思ったり。
家族の食事を作り全員一緒にテーブルにつける幸せを感じています。

カフェはスタッフの麻里ちゃんと去年以上に2人3脚で頑張り、教室SASSERは「カリフォルニア料理」と「ペルシャ料理」そしてサッセの過去レシピを組み合わせた「ベーシッククラス」など、クラスを増やすなど新しい事も始めます。(後日きちんとお知らせしますね)

チームワークを大切に、食べる事や作る事を、そしてすてきな気持ちになれる事、皆さんでシェアできますように、と諏訪大社でお参りして行きました。

2010年も教室とカフェをどうぞよろしくお願いいたします。

「バーボンピーカンパイ」や「チョコレートジンジャーケーキ」「黒ビールのケーキ」など冬の定番お菓子なども焼きます。
どうぞa Piece of Cakeへ!


投稿者Okawa: 09:43 | コメント(0) | トラックバック(0)