a Piece of Cake お菓子 テリー 焼菓子工房SASSER LIFE MAGAZINE NEWS Tool 料理

2010年01月26日

干しいも

子どもの頃、母が火鉢であぶったり、その後はストーブ上にやかんの脇に乗っけていたり、そして、キッチンのガスコンロであぶったりするのを見て食べて育ちました。

その頃は、こんな地味なおやつはつまらないわぁ〜と思っていたし、そんなにおいしいとも思わなかったから、いわば母へのおつきあいでしぶしぶ食べていたので、大人になっても自ら干しいもを買おうとは思ってませんでした。

昨今、茨城産の干しいもを口にしてからは、家族みんなも目がなく、普段は何を頼んでも面倒くさがる息子達も、干しいもだけは喜んでオーブントースターで焼いてくれます。干しいも片手にお茶飲んで家族団らんは我が家の冬の風物詩ともいえるほど。

今年は3キロもの干し芋をスタイリストの椎名直子さんからいただいきました。S社編集部の人たちと産地まで行って何十キロも買い付けてきたそうです。
ごちそうさま!周りの皆さんにも少しずつお裾分けしたよ。

SASSERでは新しいレッスンクラスの説明会を
2月13日(土)午後1時〜行います。
尚、パンフレットの送付や説明会に参加をご希望の方はレッスン申し込み書のフォームへパンフレット希望と書いて送信してください。

投稿者Okawa:

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.sasser.ac/MT/mt-tb.cgi/456

コメント




ログイン情報を記憶しますか?

(スタイル用のHTMLタグが使えます)