a Piece of Cake お菓子 テリー 焼菓子工房SASSER LIFE MAGAZINE NEWS Tool 料理

June 19, 2010

教室始まります。

今月はパイです。
メニューはサワーチェリ−パイとレモンメレンゲパイ。
梅雨の晴れ間は気温高め。キッチンの温度もぐんぐん上がります。
夏なのにパイ生地〜?なんて、声が聞こえてきそう。
大丈夫!暑さに負けないサマーパイをレッスンします。
生地の作り方がなんといっても、簡単であっという間にできて、失敗の心配はゼロ。

これからの季節、しばらく不快指数100%の日が続くなら、刺激的な酸味でシャキッとなって、少しは毎日が楽しくなることを願って試作を重ねました。
夏らしい鮮やかな色のパイに合わせたコーディネート、お茶はルーシー・リー展のミュージアムショップで買ったPGTipsもお楽しみに。
ありそうでない味。目にも楽しいパイは教室で!


投稿者Okawa: 00:55 | コメント(2) | トラックバック(0)

June 18, 2010

こんなこと、しています。

特大の紫花豆を何日かかけてゆっくり仕上げたり、ピクルスを作ったり、アスパラを塩ゆでしておいたり、味の南蛮漬けを作ったり、
忙しくて疲れている時にわざと手の込んだことをするのは、私にとって安らぎ時間。
皮が破れてしまった茹でたてのは花豆は、ジャガイモみたいにほくほくで、カマルグの塩で食べるも良しでビールにピッタリ。
なんでも、自分で作ってみないとわからないことが多い。

そしてドキドキするけど親しい人に食べてもらうため、ビンに入れる、ということも好き。
先日作った花豆は私にとって大作の部類。
目上のお口の肥えた方々には恐れ多いとは思いましたが、ここは一つそれを乗り越え、一言いただくことでまた次のステップに行ける訳で…、なんて、そんな大層なことを考えている訳ではありませんけど。

特大サイズの紫花豆は水に浸すこと2日間。煮こぼすこと3回。
シロップに浸すこと一昼夜。お醤油を加えて仕上げます。

投稿者Okawa: 09:21 | コメント(0) | トラックバック(0)

June 15, 2010

こんなこと、ありました。

なーんて、久しくブログの更新をサボっていた言い訳ではありませんが、楽しいことや嬉しい事、中には大変なことなんかもいろいろありましたけど、6月も半ばということで、梅雨入りだとか、夏休みの家族旅行はどうなるの?、などと先々のことも考えたり、相も変わらずの毎日です。

で、つい先日、カフェにて土器典美さんのブログのタコ入りちりめんの写真を眺めていたら、まさにその時、ご本人が「ちりめん山椒」を手に現れたのです。
目の錯覚なのか現実なのか一瞬目を疑うと言うか、えっ!?でした。
だって、パソコンから飛び出して現れたのですから。

2日がかりで作る典美さんちのちりめんじゃこは夏の風物詩です。山椒が効いててご飯が進みますぅー!
特に朝茶漬けでおいしくいただいてます。

投稿者Okawa: 21:13 | コメント(6) | トラックバック(0)